FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ Menu

【GMOインターネットグループ】「Z.com Cloud ブロックチェーン」を宅配ボックスの基盤に採用


GMOインターネット株式会社が提供している PaaS型のブロックチェーンプラットフォーム「Z.com Cloud ブロックチェーン」が、ブロックチェーン技術を活用した宅配ボックスのサービス基盤に採用された。

この宅配ボックスは、セゾン情報システムズを中心にプロジェクトは進んでおり、サービス化に向けては、パルコが運営する「カエルパルコ」の利用者を対象に、2018年4月23日(月)からテスト運用を開始する。

「Z.com Cloud ブロックチェーン」は、今回のテスト運用を皮切りに、ブロックチェーン技術を活用した実サービスの展開を支援していくことになる。

ここ最近、通販サイトなどの利用が増えてからというもの、宅配便の再配達が問題となっている。それによって配送業者の負担が増えたり、何度も配達することで二酸化炭素の排出量の増加にもつながり、ひいては環境汚染の要因のひとつになるなど、いまでは社会問題と化している。

このような宅配便業界を取り巻く環境の改善にと立ち上がったのが、GMOインターネットグループやセゾン情報システムズなどで、こうした問題をブロックチェーン技術で解決するための検討が行われている。

その第一弾として、ブロックチェーン技術を活用した宅配ボックスの実証実験が進行中で、「Z.com Cloud ブロックチェーン」がそのサービス基盤として採用されている。

テスト運用は、グローリーの宅配ボックスLEBシリーズを池袋PARCOの店頭に設置して行うことになっている。消費者(注文者)が「カエルパルコ」を通じて購入した商品が宅配ボックスに配送されると、鍵情報の記録されたQRコードがメールで注文者へ知らされる。注文者は、受信したQRコードで認証を行い、宅配ボックスから注文した商品を受け取る、という仕組みである。

このような宅配ボックス商品受け取りシステムが拡大すれば、「いつでもどこでも商品を購入でき、安全・安心に24時間365日好きなところで受け取れる」サービスの実現につながるはずである。

テスト運用では、「Z.com Cloud ブロックチェーン」に、グローリーのロッカー管理システム「GCAN」のデータを連携し、ブロックチェーン上に商品の予約情報や入出庫情報を記録する。データの連携については、セゾン情報システムズのグループ企業であるアプレッソが開発した「DataSpider Servista」ブロックチェーンアダプタを利用する。

ブロックチェーンは、データを複数のコンピュータ(ノード)に分散して記録・保持することができるので、「改ざん」や「データ消失」「停止」が起こりにくいという特徴がある。したがって、ブロックチェーン上に記録された情報は半永久的に証明・保証できるので、本人認証やトレーサビリティが強化され、対面取引と同等の配送レベルに近づくことができる。

 

<辻 秀雄>

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する