FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【株式会社Ginco】仮想通貨ウォレット「Ginco」ビットコインに対応し、本格リリース


株式会社Gincoは、スマホで安全に、仮想通貨などのあらゆる価値取引管理を可能とする仮想通貨モバイルウォレット「Ginco」を、2018年4月24日(火)から本格的にリリースを始めた。

Gincoを提供する背景

2017年頃から急速に仮想通貨のブームがやってきて、多くの人たちが仮想通貨を保有するようになったが、その管理方法はずさんで、「取引所に預けっぱなし」という方が多い。
昨今、取引所を巡る事件が多く発生し、仮想通貨の自己管理が重要になってきているが、ウォレットサービスは、海外発のプロダクトが中心となっており、日本のユーザーにとって「わかりやすい」「使いやすい」サービスが少なく、なかなか普及が進まないことが大きな課題となっている。

そこで、Gincoは、より多くの方が仮想通貨を安全かつ自由に管理し、多くのシーンで気軽に利用できるためのインターフェースを提供することで、ブロックチェーン技術で分散化された社会の実現に貢献したいと考えている。

日本語UIで使いやすく、安全に資産を管理できるウォレット

日本語のわかりやすいUIで、仮想通貨の「入金」「送金」「管理」が可能で、それらを、ブロックチェーンの仕組み上、最低限必要な手数料のみ、上乗せ手数料ゼロで提供している。
また、日本語でのバックアップの設定など、誤操作によりユーザー資産が失われないようなUI設計を行っている。

具体的な利用シーン

・取引所などから仮想通貨を送金し、保管する
・飲食店やECサイトでの決済に利用する
・個人間で仮想通貨をやりとりする
・仮想通貨資産のポートフォリオを確認する

高いセキュリティと、外部APIに依存しないスケーラビリティ

仮想通貨ウォレット「Ginco」は、「秘密鍵」をサーバで管理しないクライアント型のウォレットアプリ。 SSL/TLSでの通信、独自の認証方式、強固なサーバ構成を実装しているので、仮想通貨の管理で必要不可欠なセキュリティを実現。外部APIに依存することなくウォレット機能を独自に実装しているので、十分なスケーラビリティ(負荷耐性・可用性)を担保している。と

マルチコインに対応

ビットコインやイーサリアムなど、仕様の異なる複数のブロックチェーンプラットフォームに対応し、さまざまな仮想通貨を一元管理することができる。今後は、ビットコインキャッシュやライトコインなどの主要な仮想通貨への対応を行っていく予定だ。現在の対応通貨は、Bitcoinをはじめ、Ethereum、EOS、TRON、OmiseGO、DigixDAO、Status network、Augu、Zilliqa。0x、Kyber Network、Decentralandである。近日対応予定をしているのは、Bitcoin Cash、Litecoin、Monacoinなどである。

今後の展望

より安全で、便利な仮想通貨ウォレットを目指す。DEX(分散型取引所)やDApps(分散型アプリケーション)への接続機能を拡張し、ブロックチェーン時代の銀行、分散化された社会へのインターフェースとなれるよう、開発および成長を続けていく。

ローンチイベントの開催

本格的なリリースを記念して、「Gincoローンチイベント:ブロックチェーンが実現する、分散化された未来」を開催する。

世界では現在、既存の中央集権構造から分散構造へとダイナミックなパワーシフトが起きており、ブロックチェーンはその中心を担う技術である。イベントでは、ブロックチェーンサービスの活用の鍵を握る「ウォレット」を提供するGincoのローンチを記念し、国内外のDApps(分散型アプリケーション)最先端のプレイヤーをゲストに迎え、ブロックチェーン業界の今後の展望について議論を行い、仮想通貨ウォレットGincoの開発背景や今後のビジョンについて、説明する。

 
日時:2018年4月25日(水)18:30~21:00(18:00開場)
場所:EBiS303(東京都渋谷区恵比寿1-20-8)5階

<辻 秀雄>

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する