FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【フューチャー株式会社】西京銀行で『FutureBANK』の「預り資産」サービスが稼働


フューチャーアーキテクトは、西京銀行【中国財務局長(登金)第7号】に対して、戦略業務系クラウドサービス「FutureBANK」の「預り資産」サービスをリリースした。

西京銀行の中期経営計画では、「ITを活用したコンサルティング強化」を掲げている。2017年4月に策定したものだ。その狙いは、地域の中小企業や個人向けの商品と金融サービスの拡大に注力することである。

個人(リテール)分野の業務改善とリアルタイムな情報共有による営業力強化のために、フューチャーアーキテクトの「FutureBANK」の「預り資産」サービスを導入することになった。それによって、「FutureBANK」はフルモデルになった。

フューチャーアーキテクトの「預り資産」サービスは、業務の品質と効率の向上を図ると共に、非金利収益の拡充を支援するものである。さらに、スカイコムと協業することで、タブレット上での電子サインで申込手続きを完了する「タブレット・電子署名」サービスを実装し、ペーパーレス化やワークスタイル変革の推進を支援している。

「預り資産」サービス導入効果

1.コンプライアンスチェックのシステム化による業務品質の向上
2.投資信託約定データの自動連携による業務の効率化
3.タブレットの活用による顧客向けサービス品質の向上

<辻 秀雄>

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する