FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【アソビモ株式会社】ゲーム会社が安全な管理のためにブロックチェーンを利用


アソビモ株式会社は、2018年5月14日(月)~15日(火)、アメリカ・サンフランシスコで開催されたB2Bモバイルゲームカンファレンス「POCKET GAMER CONNECTS」にて、ICO「ASOBI COIN」のプロジェクト背景や内容を講演した。

 

 

 

 

 

 

 

B2Bモバイルゲームカンファレンス「POCKET GAMER CONNECTS」は、ヨーロッパで最大級のイベントとして知られている。2018年5月は、アメリカ・サンフランシスコで開催され、2018年9月はヘルシンキ、2019年1月はロンドンでの開催が決まっている。

講演では、アソビモの代表取締役である近藤克紀氏が、ICO「ASOBI COIN」のきっかけとなる、ゲーム会社がブロックチェーンを利用する理由として「オンラインゲームではゲームアイテムを複製する不正行為が横行している。不正を防止し、ゲーム内のアイテムを安全に管理するためにブロックチェーンの活用を進めている」と説明した。

さらに、そのシステムを応用した、デジタルコンテンツ全般の保護・流通プラットフォーム「ASOBI MARKET」を説明。「ブロックチェーンを使って、デジタルコンテンツの所有権を明確にすることで、モノと同じように安全に二次(中古)流通できるマーケットをつくる」と語った。

また、講演ではICO「ASOBI COIN」のアドバイザーを務めるAndre Rupp氏(The NAGA Group AG Director of Business Development)のビデオを紹介した。ビデオのなかで、Andre Rupp氏は、次のように語っていた。
「私が知っている限りのICOプロジェクトの中で、もうすでに沢山のユーザーを持った本当の(リアルに存在する)実際にゲームをリリースしている大手ゲーム会社はアソビモだけだと思います。ブロックチェーンを使用しているゲーム会社はとても少なく、私が知っている限り、アソビモのような(リアルな)ゲーム会社は他にありません。アソビモにとって良いチャンスですし、いい方向に進んでいると思います」

<辻 秀雄>

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する