FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ Menu

【Youa Group】フランチャイズプラットフォーム「YOAプロジェクト」を始動


世界30カ国、 300以上のブランド、 50万以上のフランチャイズネットワークのパートナーシップを保有するYOUAGFの「グローバルフランチャイズコネクテッドプラットフォーム」のビジネススキルと仮想通貨のコラボ「YOAプロジェクト」が始まった。

このプロジェクトは、フランチャイズビジネスでの仮想通貨決済サービスの活性化をはじめ、フランチャイズの海外進出で必要な資本調達に有効な「プリペイドカード型トークン発行」の実現を目指すものである。

1時間に最大360万件のトランザクション速度を誇る、YOAブロックチェーンの技術を完備しているので、本格的なグローバルICOの展開準備を進めているところだ。

YOAプロジェクトが目指すプリペイドカード型トークン

多くの国々のオン・オフライン店舗では、プリペイドカードや商品券を消費者に事前に販売し、先行収入という資本金確保のための「プリペイドカード」戦略が用いられてきている。

しかし、この「YOAプロジェクト」は、これまでのプリペイドカードの手法に加え、フランチャイズと消費者双方に利益を生み出すことができるブロックチェーンの技術を活用した、新しいサービスモデルの開発に力を注いでいる。

具体的には、まず、海外進出時に必要な資本調達をYOAプロジェクトが検証し、ITOを代行する。フランチャイズ加盟店で使用できるトークン型プリペイドカードを発行し、消費者はプリペイドカード型トークンを取引と決済に使うことが可能で、発行されたトークンを利用して利益を得ることができる。

仮想通貨経済では、もっとも重要なことは、サービスと通貨の交換手段を越えて、暗号通貨がそれ以上の活用価値を有するようになることである。つまり、実際の商取引での決済ができることなのだ。

「YOAプロジェクト」の主要パートナー、YOUA GFは、中国をはじめとして、世界30カ国で同時にフランチャイズを立ち上げ、運営可能なソリューションであるグローバルフランチャイズコネクテッドプラットフォームを準備し、サポートすることにしている。

多くのフランチャイズ店が世界進出に必要な資本調達についてだが、プリペイドカード型トークンを発行することで、それに見合うITOプラットフォームであるスキームを構築し、そのスキームを基盤にして、自営業者たちの加盟店やオン・オフライン店舗でのプリペイドカード型ITOの使用を活性化し、低迷している地方経済の活性化を目指す。

今後のYOAコインの目標とするところは、オフラインフランチャイズ加盟店のプリペイドカード型トークンのオン・オフラインでの売買を可能にする決済システムを備えたプラットフォームの完成である。

YOAコインは始まったばかりだが、ITや新規ビジネス、金融、教育、エンターテイメントなどの大型スキーム・ビジネスモデルと、 1時間に最大360万トランザクション速度を有するYOAブロックチェーン技術開発、ICOの準備をすでに完成している。

香港YHQホールディングスと公式ICOホームページを通じてPre-ICOを完了し、2018年7月には取引所に上場を計画している。

<辻 秀雄>

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する