FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【株式会社ポケットチェンジ】日本円小銭をチャージ手段とする電子マネー発行・スマホ決済プラットフォームを開発。


外国硬貨や紙幣を電子マネーなどに交換するサービスを展開するポケットチェンジは、小売飲食店や施設、自治体、個人事業主が独自のオリジナル電子マネー(ハウスマネー・地域通貨など)を発行し、店舗などでのスマホ決済に利用できるプラットフォーム「ポケットチェンジ PAY」を、2018年夏頃から提供する。

ポケットチェンジのミッションは、「現金の煩わしさから人々を解放する」である。2016年6月から、日本初の外貨硬貨・紙幣を電子マネーなどのキャッシュレス手段に交換するサービスを始めた。現在、全国25カ所以上の空港や駅、商業施設、ホテルで導入されている。

国内では外貨現金が、「両替できない」とか「両替が面倒」という理由で、タンスに眠ってしまっているケースが多い。しかも、「日本円の小銭も煩わしい…」という意見も少なくない。ポケットチェンジサービスの日本人利用者のうち約8%が、「日本人による、日本円小銭を、日本の電子マネー・ギフト券などに交換する取引」を行っているのだ。

経済的価値のある小銭が、「重い、かさばる、汚い。そして使いどころが少ない」といった理由で厄介者扱いされてしまっている。

そんな状況を打破するために、ポケットチェンジは、日本円小銭1円単位からチャージができて、しかも現金のお釣りまで直接チャージできる、電子マネー発行プラットフォーム「ポケットチェンジ PAY」を開発した。

このプラットフォームを利用すれば、小売店や・飲食店舗、施設、地域などが、独自のオリジナル電子マネーを発行し、ユーザーのスマートフォンアプリにチャージすれば、店舗などの支払に利用できる。

既存の電子マネー(前払式支払手段)チャージは、千円札単位の紙幣によるものがほとんどだ。財布やポケットに余った1円単位の小銭・硬貨から気軽にチャージできるし、お釣りを現金として受け取らないで、電子マネーで受け取れるこのサービスは、キャッシュレス社会のなかで、お釣り硬貨を貯金感覚で、電子マネーに交換できるようにした。

ポケットチェンジは、現金硬貨や紙幣を電子マネー等に交換する現行サービスのインフラとプラットフォームを拡張し、「初期開発費用=無料」「決済手数料=無料」で、自社独自のオリジナル電子マネーを発行・管理できるソリューションとして、「ポケットチェンジPAY」プラットフォームの提供する。

「ポケットチェンジPAY」の特長

1.1円単位の「厄介者」の小銭からチャージ可能。外貨も受付
手元に残った小銭を1円単位から電子マネーに変換可能。紙幣での入金も可能だし、小銭を貯金する感覚で利用できる。1セント単位の外貨現金からのチャージも可能だ。

2.お釣りから直接チャージ可能
連携レジでは、現金のやりとりをしないで、お釣りを直接、その店の電子マネーにチャージできる。店側にしてみれば、お釣り現金を活用して顧客エンゲージメントを高め、さらに、レジ現金の用意が減るので、資金効率があがる。

3.開発初期費用は、「無料」
導入のための開発費用は不要。ポケットチェンジ提供のアプリを利用するか、自社アプリに組込可能なSDKを無料で使用可能。

4.決済手数料も、「無料」。集客・販促にフォーカス可能
自社マネーの決済手数料は無料。スマホ・アプリを使った決済手段なので、会員情報や購入履歴、位置情報などを活用した機動的な販促が可能。自社マネーなので、各種データは自社で利用できる。

5.用決済デバイス利用で、「誰でも」「どこでも」レジに
名刺サイズの専用決済デバイスはオフラインで利用できて、バッテリーで稼働する。テーブル会計や屋外利用にも対応。デバイスを持っている人がレジに。

「ポケットチェンジPAY」プラットフォームは、小売店や飲食店、会員施設のインハウスマネーか、自治体や地域商店街の地域通貨、または、イベントや催事、行事などの域内通貨として導入ができる。

「ポケットチェンジPAY」プラットフォームは、国内大手小売チェーンのハウスマネーや行楽・観光地の地域通貨などへの採用が決定している。2018年中には10以上の企業や団体への導入を見込む。

<辻 秀雄>

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する