FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【CryptoCoinsNews】ドイツ最大のビットコイン市場、イーサリアムの取引を追加


ドイツ最大のビットコイン市場であるBitcoin.deは、もうすぐイーサリアム・トレーダーのためのサポートを同社のプラットフォームに統合する予定です。

9月27日、Bitcoin.deの開発チームは、今後数週間でイーサリアム取引を追加する予定であることを顧客にeメールで明らかにした。Bitcoin.deの従業員は、ビットコインに関するニュースを取り扱う出版社とのインタビューで、アルトコインに対する全体的な需要の高まりから、イーサリアムの統合を決定したと述べている。

「当初、ユーザーからアルトコインへの強い需要はありませんでした。イーサリアムが現れる前、ビットコインの次の暗号通貨としてライトコインが位置していました。そして、イーサリアムが登場したとき、アルトコインと暗号通貨に対する需要は急増した。

ビットコインの開発と取引量において、欧州は米国、日本、韓国に遅れている

ビットコイン企業や投資家のための優良な規制の枠組みや政策があるにも関わらず、ヨーロッパは、暗号通貨の開発や取引量に関して、米国、日本、韓国に遅れをとっている。ビットコイン市場データ提供者CryptoCompareによると、欧州のビットコイン取引市場は、日本、米国、韓国に次、世界第4位の市場で、5%のマーケットシェアをもつ。

中国政府がビットコイン取引禁止を課す以前、ヨーロッパのビットコイン取引市場は世界のビットコイン取引の2〜3%しか占めていなかった。

しかし、中国のビットコイン取引市場の廃止は、ビットコイン取引市場の世界的な再構築を引き起こした2週間のうちに、ヨーロッパはマーケットシェアで中国を3%以上上回り、世界の主要なビットコイン取引市場に進化した。

大規模なスタートアップアクセラレータと初期段階のベンチャーキャピタル企業の設立を通じて、英国、フランス、ドイツを含むほとんどのヨーロッパ諸国は、最も革新的な金融技術(フィンテック)の新興企業のいくつかを有している。それでも、ヨーロッパのビットコインとブロックチェーン市場は、日本や韓国などの他の市場と同じスピードで成長することに苦戦している。

ユーザベースおよび取引量に関する欧州の急速な成長率

今後の数ヶ月で、イーサリアムとビットコイン以外の暗号通貨の統合を通じて、ヨーロッパは主要なビットコインとイーサリアム市場へと進化する可能性が非常に高いだろう。

既に、ヨーロッパは、世界で3番目に大きなイーサリアムの市場であり、イーサリアムの世界での取引の7.5%以上を占めている。Bitcoin.deのような地域の取引プラットフォームやマーケットプレイスがイーサリアムとの統合を継続し、他の暗号通貨のサポートを示していることから、欧州では採用と規制が大幅に改善する見込みである。

今週初め、欧州中央銀行(ECB)のマリオ・ドラギ総裁は、ビットコインなどの暗号通貨を規制したり禁止したりすることはしないと明らかにした。ヨーロッパの市場がビットコインのこの考え方を支え、グローバルの暗号市場の成長を止めるのではなく、ユーザーと投資家のための効率的な市場を確立することに集中すれば、ヨーロッパはイーサリアムのような暗号通貨において主要マーケットとなることができる。(出典:CryptoCoinsNews

エムトレの視点

仮想通貨の取引の歴史としては、日本や韓国よりも古いものの、あっという間にアジアの波に飲まれたヨーロッパが、中国の規制により息を吹き返しそうだ。ドラギECB総裁の発言もまた欧州における仮想通貨のプレゼンスを高めるのに一役買うのではないだろうか。ネットワークを介した取引は簡単に国境を超えることが出来るため、bitcoin.deのような企業がより多くの仮想通貨を取扱い利便性が向上すれば自ずとシェアが上がってくることになるだろう。

<元彌>

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する