FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

エムトレメルマガ登録 Menu

【CryptoCoinsNews】米国と北朝鮮の緊張が高まる中、ビットコイン価格が上昇


北朝鮮と米国の緊張は、ビットコイン価格の上昇と相関し、週末に高まった。

米国と北朝鮮の緊張が高まる

米国と北朝鮮の長期にわたる紛争は、両国の首脳が侮辱を交わし、北朝鮮が引き続き核の保持を宣言しているため、ここ数カ月で前例のないレベルに達している。

米国のレックス・ティラーソン国務長官は先週、平壌の北朝鮮指導者たちとの直接通信経路を持っていることを明らかにし、懸念を和らげようとしている。彼は、第一の目的は「平和的解決」を探ることだと強調した。

しかし、トランプ大統領は、日曜日、ティラーソン国務長官が「リトル・ロケットマン(金正日(キム・ジョンウン))と交渉することは時間の無駄である」とツイートした。 トランプ氏は、以前の米大統領を馬鹿にするように、彼らは北朝鮮の核計画の脅威に十分に言及していないと述べ、彼は「失敗しない」と誓った。

トランプ氏はレックス・ティラーソン国務長官に「少し休め、私たちはやらなければならないことはやる」と付け加えた。

ビットコイン価格、$4,500に向かって上昇

世界的なボラティリティがビットコインの価格に与える影響を計算することは困難であるが、CCNは、これまで米国・北朝鮮の緊張とビットコイン価格の上昇との相関を報道している。例えば、先週、北朝鮮の外交官が米国は戦争宣言に等しい行動を取っていると非難した日に、ビットコイン価格は260ドル高騰した。

月曜日、米国は、北朝鮮との紛争に対する外交的解決を求めることによって時間を無駄にしているというトランプの主張に続いて、ビットコイン価格が4,470ドルに上昇し、同様の現象が起こった。わずかな上昇であるが、ビットコインの価格はまだ100ドル(3%)以上上昇しており、現在4,418ドルで取引されている。

もちろん、他の要素もある。例えば、先週、日本は正式に11のビットコイン取引所をライセンス化し、世界の暗号通貨経済の中で新たなリーダーとしての地位を強化した。さらに、市場は中国のICOや取引所の廃止政策のショックから回復しており、ビットコイン価格の軌道に与える影響を測定することは難しい。いずれにせよ、この進展は、多くのアナリストがビットコインに設定した5,000ドルの暫定価格目標と一致している。(出典:CryptoCoinsNews

▽参考
【日本仮想通貨事業協会】「登録仮想通貨交換事業者合同記者会見」に潜入

エムトレの視点

米国と北朝鮮の緊張の高まりに反して各国の株式市場は順調だ。仮想通貨と米朝の緊張関係の相関は、偶然に近いものだろう。なにせ仮想通貨市場は理由を付けられるほど成熟していないからである。日本では11の取引所が正式に認可され、近日中に更にいくつかの取引所が認可予定となっており、世界でもその規制動向に注目が集まっている。当初の見込みどおり、多くのアナリスト同様、ビットコインの年内の価格目標は5,000-6,000ドルで落ち着くだろう。

<元彌>

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する