FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【CryptoCoinsNew】Segwitが起動され、80%のビットコインハッシュレートに達する


ビットコインのマイナーは、約80%のハッシュレートで現在プロトコルアップグレードに投票しており、Segwit(Segwitとは「スケーラビリティ問題」に対する一つの解決方法)を起動すること決断したように思われる。又、近いうちに他のマイナーも続くと予想される。

最大のビットコインマイニングプールであるAntpool/Bitmainは現在、Segwitに投票している。Bixin、BW、BTCC、Bitfury、ViaBTC、BTC.TOPなどの小さなマイニングプールも同様である。

F2Poolも又、まもなくSegwitの起動に続く予定である。一方、最近、サンフランシスコのブロックチェーン会社のBlockstream社を訪れたSlushpoolだが、その訪問に関する発表はないため、何が起こったのかはわかっていない。

ビットコインのブロック分岐を安全にロックインするため、Segwitには少なくとも1つのマイニングプールが必要になるだろう。これは、80%のハッシュレートがあっても、75%のブロック、もしくは非常に不運な場合は60%のブロックが作られるということを意味する。

結果として、多くのマイナーが下の図でオレンジ色になっている。F2PoolとSlushpoolなど複数は緑色と青色で、どちらのマイニングプールも何を待っているのかは明確でない。

マイナーはSegwitをロックインするため、これから(7/19/2017からの)2〜3日間Segwitハッシュレートを80%に保つ必要がある。その後2〜3週間の間にSegwitは起動になるが、分散はすでにしきい値未満になっているので、それが本当にロックインするかどうかは明らかではない。

もしロックインすれば、80%のSegwitマイナーが20%の非Segwitマイナーをネットワークから撤退させるだろう。これは長い間Bitcoin Coreが主張してきたものでチェーンスプリット(分岐)につながる。だが、20%のマイナーがアップグレードすると見込まれているため、今回チェーンスプリットは起こらないだろう。

ビットコインは、2年以上にわたる熱いスケーラビリティの議論の末、Segwitを起動し、ビットコインの世界を様々な形で変え、ビットコイン自体を何十年も変えてしまう可能性がある。

Bitcoinの現在のハッシュレート分配率

Segwitによるアップグレードによってネットワークは、現在のレベルによる基盤のアップグレードよりも2倍の容量の取引が可能になる。

その後、Bitcoin Coreの開発者は、さまざまな方法で取引を圧縮して容量をさらに増やす予定である。又、同時に、Lightning Network(LN)は、同社のプログラマーがどのようにLightning Network(LN)のエンドポイントをルーティングを通じて接続するか試行錯誤している。

問題は、SegwitとBitcoin Coreの計画に強く反対している強力なブロッカーが何をするかである。一部は、イーサリアムのブロックチェーン上のスケーラビリティを支援することが唯一の選択肢だと示唆するが、Bitcoin Unlimitedの手法に従ったBitcoinABCという新しいクライアントを通じて生成されるBitcoin Cash(BCC)と呼ばれる少数貨幣に分割することを考えている人もいる。

ViaBTCによる声明によると、BCCのティッカーと共に、今後Bitcoin Cashがどのくらいの牽引力を得ることができるか不明である。特に、ViaBTCが独自のネットワークを作成する場合は、他のコインと同様に現在の基盤構造が、独自のチェーン、ノード、およびマイナー追加する必要がある。

複数の強力なブロッカーが敗北を認めていると考える人もいれば、それ以上待つことなく市場がジャッジするのが最善であると言う人もいる。 そのため、お粗末に議論が終わる可能性もある。一方で、ビットコインとBTCティッカーで、マイノリティーのコインはBitcoin CashとBCCティッカーに再ブランド化されている。

ビットコインの将来の方向性に関する決定が行われるため、これから数週間のビットコインは非常に興味深いかもしれない。 又、そのビットコインに関する決定は非常に歴史的なものになるのかもしれない。(出典:CryptoCoinsNew

エムトレの視点

ビットコインコミュニティにとって、今週(7/23〜)と来週(7/31〜)は歴史的転換点にいるといって過言ではない。今回の問題で起こり得る非SegWitブロックについては、チェーンスプリットされたブロックを確認するサイトが立ち上がっているため、そちらを参照されることを推奨する。いずれにしてもここ1−2週間はビットコインコミュニティの動向に目が離せない。

<元彌>