FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【株式会社IndieSquare】ブロックチェーン・トークンをサービスへ簡単導入、IndieSquare SDKsの提供開始


ブロックチェーン技術を通したトークンエコノミーのリーディングカンパニーである株式会社IndieSquareは、ビットコイン・ブロックチェーン上でビットコインと同様の特性を持つオリジナル仮想通貨・トークンを発行し、ウェブサービス及びiOS、Androidアプリへ簡単に組み込み可能なソフトウェア開発キット(SDKs)の提供を正式に開始した。

SDKsは、IndieSquareですでに提供しているウォレット「IndieSquare Wallet」とシームレスに連携するように設計されており、秘密鍵を各ユーザーの端末上で安全に管理したままトランザクションへの署名要求やアカウント認証を行うことができる。これにより、SDKs利用者はハッキングによる秘密鍵盗難等のリスクをほぼ気にすることなくトークンの残高照会や送受信、注文処理等の機能を新規に、また既存サービスに組み込むことができる。

開始当初では、ウェブ向けのJavascript SDKとネイティブアプリ開発環境Unity向けSDKの2つを提供している。

「Sarutobi Island」と連携

Unity SDKが英Mandelduck社の提供するスマホゲーム「SaruTobi Island」に採用され、トークンがゲーム内の各種アイテムとして実装されている。SaruTobi Islandでは、トークンを使ってモンスターを召喚したり、物語を進めたりできる。

「KIZUNA」と連携

つながるをつくる。株式会社グラコネが運営する、ビットコインによる寄付支援プラットフォーム「KIZUNA」にJavascript SDKが採用され、連携。ウェブ側からの呼び出しにIndieSquare Walletが応答し、ビットコイン送金画面へ即座に遷移、寄付をシームレスにできるようになった。

「S-Chop」と連携

一人ひとりのソーシャル・モチベーションが集まり、つながることで未来へ向かう大きな流れが生まれる。そのきっかけづくりやサポートをおこなう株式会社スコップが提供している自撮りでお金が貯まるスマートフォンアプリ「S-chop」と連携し、ブロックチェーン技術を利用して自撮り写真の価値が上がっていく仕組みを導入。

今後の展望

これまでトークンは、仮想通貨、暗号通貨等、あくまで通貨として認知されることが一般的だったが、今回のゲーム、アプリ等への採用で、通貨としての性質のみならずにゲーム内におけるアイテム、カードといったゲーム資産や、価値移転としての応用事例が示され、業界内外でトークンエコノミーが広がることが期待される。

現在はウェブ向けのJavascript SDKと、ネイティブアプリ開発環境Unity SDKの2つのみの提供になるが、順次、多言語、多環境向けのものを拡充し、トークンの利用シーンの拡大を加速させていく方針だ。

<辻 秀雄>

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する