FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【CryptoCoinsNews】ロシアの中央銀行はICO と暗号通貨に関して警告を発表する


ロシア銀行は、Initial Coin Offering(ICO)および暗号通貨に内在するリスクについて公表した。

中央銀行であるロシア銀行は、デジタル通貨の人気上昇と導入について、投資家やメディアからの質問を引用し、暗号通貨とデジタルトークンセールスに関する彼らのスタンスを公表した。ロシアの中央銀行は、暗号通貨市場を監視し、暗号通貨の規制枠組みの設立を継続していると述べた。

このように、ロシアの中央銀行は、ロシア連邦内での暗号通貨またはそれに関連する金融商品を許可することに反対している。当局はまた、2014年1月の声明で、ビットコインを「金銭代替物」と比較し、今回またその声明について言及し、ロシアで暗号通貨は違法とする声明を再表明した。

また、その公表はICOを通じた資金調達だけでなく、急激な「価格変動」による暗号通貨取引の「高いリスク」も強調した。

「暗号通貨は無制限の匿名の団体によって発行されている」と、ロシアの中央銀行の声明は述べる。又、「暗号通貨発行の匿名性により、市民や法人は、犯罪からの収入やテロ資金の調達を合法化(ロンダリング)することなど、違法行為に巻き込まれる可能性がある。」と述べられている。

さらに、この声明は次のことを強調した

「暗号通貨の循環と使用のリスクが高いことを踏まえ、ロシア銀行は、暗号通貨および金融派生商品の取引のサービスを提供すること、暗号通貨とそれに関連した金融商品を組織化された取引での決済とインフラでの流通、又は使用することを認めるのはロシア連邦の領土では早すぎると考えている。」

又、ロシアの中央銀行は、暗号通貨を導入、また、その通貨に投資する際の「増加したリスク」を認識するよう国民に助言した。

この警告は、先週中国がICOの全面的な禁止 した直後に発表された。シンガポール、香港、米国を含むいくつかの国の規制当局もICOに関する警告を発表している。(出典:CryptoCoinsNews

エムトレの視点

ICOの問題点はロシア中央銀行が発表の通りだ。その匿名性や資金調達の行いやすさから、違法組織によるテロ資金調達や違法取引に行われることは目に見えている。まともな仮想通貨発行企業や”革新技術”をICOの資金を持ってリリースしようとしている企業にとっては迷惑な話ではあるが、ICOの場合、殆どの企業が現状まともにサービスをリリースできていないことから考えると一括りにされても致し方ないということか。中央銀行や当局による規制は、中国やロシア以外にも今後どんどん広がっていくだろう。

<元彌>

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する