FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【Cointelegraph】エストニアは独自のデジタル通貨をつくることができない


エストニアが独自のデジタル通貨を検討しているというニュースは、欧州中央銀行総裁のMario Draghi氏の耳に達した。Mrio Draghi氏は、ユーロ圏内では、各国の通貨が機能しないことを指摘した。

「加盟国はそれ自体の通貨を導入することはできない。ユーロ圏の通貨はユーロです」

このアイデアは、エストニアのe-residency programの社長であるKaspar Korjus氏が、「エストコイン」をその国のデジタル通貨として使用できると示唆したことから始まった。

また、それは、エストニアの市民が世界のどこからでもデジタル文書を認証する方法を提供するだろう。エストコインの採用は、仮想通貨にとって重要な瞬間を示しており、広く採用されることを示唆している。

しかし、エストニアのデジタル通貨の潜在的な利益にもかかわらず、ユーロ圏はエスコイコンの進展を許さないだろう。最近の中国のICO禁止措置の後、ICOに対する世界的な感情はいろいろ入り交じっている。

しかし、それにかかわらず、独自のデジタル通貨を発行するというエストニア政府の考え方は、今のところ棚上げされている。

出典:Cointelegraph

▽参考
エストニアの電子居住プログラムの最高経営責任者は、エストニアのデジタル通貨を提案

<辻 秀雄>