FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【WhiteFoxベンチャーズ株式会社】「KeY’TOKEN」クラウドセールでの正式な投資を発表


米国株式公開企業のWhiteFoxベンチャーズ株式会社は、 2017年9月11日付けで、「smartBANK」ネットワークを利用するのに必要なイーサリアムブロックチェーン上の暗号プロトコル「KeY’TOKEN」の第一フェーズの開発が完了したのを受けて、「KeY’TOKEN」クラウドセールでの正式な投資を発表した。

最高経営責任者である中野慎介氏は次のように語る。

「KeY’TOKEN」が鍵として利用できる「smartBANK」は、法定通貨、暗号通貨の取引ができる中央アメリカのフルライセンスの銀行が世界中に取引所ネットワークを構築するプラットフォームです。加速的にグローバル化していく経済において、よりスマートに国際決済を安心して利用できるネットワークは必要不可欠です。次世代銀行プラットフォームの高い持続的な収益性は同社株主にも高い期待を持って頂けると確信しています」

また、2018年に向けたネットワーク構築に向けて、fintech研究所からも技術提供、支援をKeY’TOKEN開発ファンデーションと進めており、さらに、日米に限らず高い技術力の強化を進め、広く人材の確保に向けてラボの拡大やブロックチェーン、スマートコントラクトの研究開発の強化を推し進める方針だという。

また、取引所ネットワークの次のフェーズとして、 2019年には銀行業務のスマートコントラクト化を推し進める方針である。

<辻 秀雄>