FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【Cointelegraph】巨大銀行は、ビットコインが彼らを破壊する前に、ビットコインを破壊したい


伝統的にお金や銀行、政府の独占権を持っている人々の耳に、あたかも「人々の通貨」が刺激をし始めたようである。大銀行による最近の否定的声明や、デジタル通貨やICOに対する政府の取り締まりは、ビットコインの人気が高まりに対する金融機関の反撃として見なすことができる。

ビットコインは、常に大手銀行や政府による規制のない新しい通貨になる可能性を秘めているが、採用するとことが広がっているので、その脅威は現実のものとなっている。

潜在力を制限する

JPモルガンのような投資銀行がビットコインついては「詐欺」であると、辛らつな言葉やレトリックをまき散らしているのは驚くべきことではない。ビットコインは大量に採用され、大銀行や伝統的な金融機関の終焉を告げるのに成功している。

同じことが政府にも当てはまる。地方分権化された通貨は、国内で通貨を監視することを望んでいる政府の手から巨大な力を取りあげてしまう。税金や金銭の規制は、政府にとっては強力なツールである。

ビットコインがどのように投資家の資金を集め、もっと売買が活発に行われている取引であることについての話があることは、伝統的な取引が明らかに落ち込んでいることを示している。

デジタル通貨が成功すると、大きな政府は、紙幣収入に起因する利益を失い、経済をコントロールする能力を失うことになる。銀行部門にとって、中央銀行と経済の間を流れる資金を処理する能力を失うことは、銀行業務の中核の部分であり、金融経済そのものである。

ビットコインは、伝統的な金融経済を無視しているという事実にも関わらず、これらの懸念はやや強すぎるかもしれないが、分散型システムであるため、不透明な技術ではなく、むしろ補完的であるという理解がある。

LIUポストの経済学科の助教授であるApostolos Pittas氏は、次のように述べている。

「ビットコインと同様に、デジタル通貨は、融資手続きを円滑にするのに役に立ちます。金融危機の最中に2007年から2008年に起こったことを思い出してください。銀行が貸出を停止したために銀行口座への払込額が枯渇し、市場は凍結しました。ビットコインのようなデジタル通貨では、貸出は分散型であるか、ピアツーピアであり、結果として融資が継続され、必要な人に金銭を提供することができます」

出典:Cointelegraph

<辻 秀雄>

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する