FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【テックビューロ株式会社】日本と韓国のブロックチェーン・テクノロジー上でMetaps Plusとグローバル戦略的パートナーを組む


NEMブロックチェーン・プロトコル上に築かれたクロスチェイン・プラットフォームに重点を置いた、日本でもっとも成功しているICOプロジェクトであるCOMSAを運営するテックビューロ株式会社は、株式会社メタップスの韓国の子会社であるMetaps Plusとグローバルなパートナーシップを締結することに合意した。メタップスは、モバイルコマースとマーケティングにおける有数なモバイル・フィンテック・プラットフォームである。

Metaps Plusは、2017年11月11日に、新しいデジタル通貨交換所である「CoinRoom 」を始めることを計画しており、プラスコインに加えて、ビットコインやイーサリアム、ビットコインキャッシュ、イーサリアムクラシックを上場する予定である。

プラットフォームは、韓国インターネット振興院によって管理されている、情報セキュリティマネジメントシステム(PIMS)と情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)によって分離されたネットワークを持つインフラストラクチャーとして設計される予定である。

パートナーシップの条件では、CoinRoomが11月に韓国法を完全に遵守した場合、COMSAトークン(CMS)はCoinRoomに上場され、取引される。

メタップスは、最高経営責任者の佐藤克明氏が、COMSA理事会に参加しているので、すでにCOMSAと協業している。Metaps Plusのプラスコインは、Zaif取引交換所に上場されているので、プラスコインは、日本と韓国をまたいで国際的存在感がある。

両社は市場のニーズに応える新しい高度なブロックチェーン技術を導入し、ブロックチェーン技術を使用して実世界経済に密接に結びつけることを目指している。

「ブロックチェーン技術において世界的に認められたトークンを上場することは、成功の鍵である。私たちは、これがブロックチェーン・プラットフォームを越えて、日本と韓国をつなぐ第一歩だと思う」とテックビューロの最高経営責任者は述べた。

<辻 秀雄>

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する