FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【Cointelegraph】Tinkoff銀行が仮想通貨TinCoin発行の準備をほぼ整える


ロシアの銀行Tinkoffの創業者であるOleg Tinkov氏は、「ポールポジションを失うこと」を恐れるので、彼自身の仮想通貨をつくりたいと言っている。

Oleg Tinkov氏
写真出典:https://www.forbes.com/profile/oleg-tinkov/

Facebookの投稿には、より安心して利用できるカードを使って膨大な数の顧客を獲得しているOleg Tinkov氏は、専用のTinCoinをリリースする時期はそこに来ていると語った。

「技術的にいって、ポールポジションが私たちの目の前で離れていく感じがしている」と彼は書いている。

「TinCoinをリリースする時間……あなたはどう思いますか? われわれはほぼ準備ができています」

Oleg Tinkov氏は、TinCoinの性質や機能について詳しくは述べていないが、政府が中央銀行と一緒になっていわゆる「BitRuble」を開発していくなかで、TinCoinはロシアの銀行にとって初めての仮想通貨のリリースとなる可能性があるのだ。Oleg Tinkov氏は、Facebookのユーザーに対するコメントで、典型的な皮肉を込めて、彼の銀行は、「原理原則からいえば、政府の銀行と競合しない」と述べた。

それにもかかわらず、Tinkoff銀行は、横断的な組織であるロシア・フィンテック協会に加盟しており、ブロックチェーンのような破壊的な技術を探求し、さらにはその利用を目指している。

ロシア・フィンテック協会の他のメンバーには、ロシア連邦中央銀行をはじめ、ロシア貯蓄銀行VTB銀行と、QIWI電子財布プラットフォームなどの周辺プロバイダーがいる。

一方、BitRuble以外の仮想通貨に対するロシアの公式な態度は矛盾している。それは、いろいろな政府関係者が、いかに当局がビットコインへのアクセスを一般の投資家または「非適格」投資家に限定したいかについて、対照的な情報を提供し続けていることである。

仮想通貨とブロックチェーンの両者についての意見の相違は、その一方で、拡大し続けている。そんななかで、ロシア最大手の携帯電話会社であるMegafonは、ブロックチェーンの技術を使って5億ルーブル(860万米ドル)相当の債券を発行したと発表した。

出典:Cointelegraph

<辻 秀雄>

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する