FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

エムトレメルマガ登録 Menu

【CryptoCoinsNews】台湾は韓国や中国ではなく、ビットコインにフレンドリーな日本に続く


台湾は、貨幣貨幣(ICO)やビットコインのような暗号通貨を規制せず、中国や韓国の強硬姿勢を避ける。

10月6日発表の重大なニュースでは、台湾の金融監督委員会委員長であるウェリントン・クー氏は、台湾が中国や韓国のように暗号通貨を禁止を行わないと議会と内閣の共同声明を発表した。又、同金融監督当局の委員長は、国内での暗号通貨とブロックチェーン技術の開発と導入を支援するために、フレンドリーな姿勢をとることを約束した。

News Lensが報じたように、クー氏は、フィンテックの規制緩和の姿勢を長く取り入れてきた台湾の国政政党党首のジェイソン・スー(Jason Hsu)議員の要請を受け、この公式の姿勢を表明した。

News Lensでスー氏は次のように述べた

「中国と韓国が禁止しているからといって、台湾が同じ道を行くべきというわけではない – 将来的には大きなチャンスがある。 私たちは、暗号通貨を非常に規制しており、有価証券のように高度に監視されている業界として扱う、日本を模倣すべきである。」

スー氏によると、クー氏の今日の声明に続いて、同じ議会で「フィナンシャルイノベーション実験法」が発表された。法案が可決されると、法律は、暗号通貨とブロックチェーンのスタートアップのためのフィンテックサンドボックスを効果的に確立する。

台湾の規制当局からのコメントは、ビットコインやイーサリアムのような暗号通貨によって動力を与える根本的な新しい資金調達方法であることを意味し、暗号通貨とICOの規制とは全く異なるアプローチであった。

中国の中央銀行は、一ヶ月前、すべてのICOについて包括的禁止措置を発表し、違法な資金調達方法と見なした。猛烈な法律が猛威を振って、中国本土のビットコイン取引所の閉鎖につながった。一週間前、韓国も同様のことを行い、地域によってICOを禁止した。一方、日本は今年4月から法的な支払い方法としてビットコインを認めた法律を確立した。

先週、スー氏は、猛威をふるっている規制が、世界中の規制当局からの警告の「連鎖反応」につながると説明した。

ファイナンシャルタイムズが述べたように「中国と韓国がICOを禁止することで、台湾の株式市場と不動産にこのホットな資金が流入するのではないかとスー氏は心配している」と先週、報道された。同誌が報道で示唆しているように、台湾が中国や韓国と同様の道を辿るという懸念は、今日台湾当局によるフレンドリーな規制当局の動きによって収まった。(出典:CryptoCoinsNews

エムトレの視点

台湾は金融面においても親日であり、日本を良いお手本と見ている。昨今の仮想通貨(暗号通貨)に対する規制に関して、米国は沈黙に近い姿勢を取っており、日本の仮想通貨への規制対応に注目が集まっている。米国の規制を模倣することの多い日本が、仮想通貨規制でリーダーシップをとるまたとないチャンスであるため金融庁の対応に期待したい。

<元彌>

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する