FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【CryptoCoinsNews】プーチン大統領はICO及び暗号通貨規制の枠組みを承認


ロシアのウラジミール・プーチン大統領は、ICOと暗号通貨のマイニング事業を規制する枠組みに関するスケジュールを個人的に承認している。

プーチン大統領、議会にICOを規制するように伝える

今週発表されたクレムリンの公式文書によると、プーチン大統領はロシア国内での暗号通貨の利用を規制する指令にサインをした。注目すべきことは、ドミトリー・メドベージェフ首相と中央銀行のエリビラ・ナビウリナ総裁が、既存の証券法に沿ってICOを導入する規制の草案作成を指令されていることである。

さらに、メドヴェージェフは2つの重大な責任を負っている。1つの指令は、ロシアでの暗号通貨のマイニングにロシア政府の承認を義務化することと、マイニング事業から得た収入を納税させるための適切な手続きを決める規制を施行することである。そしてもう一つの指令は、ロシア連邦における唯一の法的通貨であるルーブルの義務に基づいて、金融圏内で使用されている暗号通貨の法的地位を決定することである。これらの作業はすべて2018年7月1日までに完了する必要がある。

最後に、政府はユーラシア経済連合(EAEU)加盟国向けに作成された「単一支払いスペース」のための試案同様、中央銀行による暗号通貨およびその他のフィンテック製品の追加規制を検討するための、規制サンドボックス設立を計画している。

クリプトルーブルへの土台を作る

この命令は、プーチン大統領が今月初めに非公開会合で承認したと言われている、国家の暗号通貨である「クリプト・ルーブル(cryptoruble)」の開始に備えているかもしれない。ロシアメディアは、別のEAEU加盟国が暗号通貨への先手を打つ前に、ロシア政府はそのcryptorubleを発行したいのであろうと伝えている。EAEU加盟国であるカザフスタンのメンバーは、最近、国家の暗号通貨を実験する計画を発表した。

cryptorubleについての詳細はわかっていないが、ロシア政府は法的通貨とcryptorublesを取引しようとする個人および法人に13%の税金を課すと伝えられている。しかし、問題はcryptorubleが合法的に得られたことを証明することはできないことである。批評家は、もしこの政策が実施されれば、政府がマネーロンダリングやその他の金融犯罪から利益を得ることになると主張する。(出典:CryptoCoinsNews

エムトレの視点

ロシアによるICOの規制や、政府主導の法定通貨クリプト・ルーブルの発行検討は他国同様、その実際的な価値や十二分な実証実験を持ってリリースされるものとみられる。依然不正や裏金等が横行していると言われているロシアにおいて、クリプト・ルーブルの発行によって足跡を確認することが出来、また税金を得られることとなれば一定以上のメリットがあると考えても良いのかもしれない。いずれにしても国家は、サイバーテロやハッキングなどで法定暗号通貨の毀損に十分以上の注意を払わなければならない。その対策の必要性こそが、法定暗号通貨の導入を足踏みさせる原因となっているのだろう。

<元彌>

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する