FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【CryptoCoinsNews】サムスンは40台の使用済みGalaxy S5を用いて、ビットコインマイニングマシンを開発


Motherboardによると、サムスンは同社のアップサイクルプログラムのため、使用済みの40台のGalaxy S5を使用して、ビットコインマイニングリグマシンを開発した。このマイニングマシンは同社のC-Labが開発し、最近のサンフランシスコで開かれた同社のカンファレンスで展示された。同社は使用済みのGalaxyの携帯電話と、さまざまな目的のために再利用され、Androidソフトウェアが取り除かれたタブレットを展示した。

サムスンは8つのGalaxy S5で、一般的なデスクトップパソコンよりも高い電力効率でビットコインをマイニングできると述べている。ただし、デスクトップパソコンは現在、ビットコインマイニングツールではない。同社はマイニングマシンに関する質問に答えなかった。

サムスンはビットコイン・ブロックチェーン・アプリのためIBMと提携して、ビットコイン技術開発に取り組んできている。

サムスン、ソフトウェアをリリース

サムスンは、カンファレンスで発表したプロジェクトのソフトウェアを無料でリリースする計画をしていると、同社のロビン・シュルツ広報担当はMotherboardに語った。 又、シュルツ氏は、このプラットフォームは旧式のGalaxyデバイスを利用し、環境に配慮していると語った。

アップサイクルデバイスは元来のメーカーのサポートを必要とする。

iFixitのCEO、Kyle Wiens氏によると、ソフトウェアは古い電子デバイスを長く稼働させるための重要な鍵を握っているという。古い携帯電話のソフトウェアは新しいアプリでは動作しない。

サムスンがアップサイクルプロジェクトのために古いS3のリペアすることをiFixit社がサポートしている。Wiens氏によると、サムスンはハードウェアとそこにソフトをインストールするためにレイヤーを作り上げているという。

UpcyclingプロジェクトのビデオはGitubに投稿されている。このサイトでは、ユーザーがAndroidを削除し、そのデバイスを他の種類のソフトウェアに対応させるソフトウェアをダウンロードすることができる。又、ユーザーはさまざまなソフトウェアプロジェクトを閲覧することができる。さらにユーザーは自分のプロジェクトやソフトウェアをアップロードすることも可能である。

他の用途のために行うこのようなサポートは珍しい。Appleなどの企業は、ユーザーが壊れたデバイスを修理することを困難にしている。サムスンはまた、古い携帯電話をプログラミングし、家のセキュリティのための顔認識ソフトウェアの開発、水槽をモニタリングするためにGalaxy S3を再利用、そしてギャラクシーのタブレットをubuntu搭載のノートパソコンに変えている。(出典:CryptoCoinsNews

エムトレの視点

アップサイクルとは、従来から行われてきたリサイクルとは異なり、元の製品よりも次元・価値の高いモノを生み出すことを、最終的な目的とするものである(http://artscape.jp/より引用)。ビットコインマイニングにおいて現在様々な最新半導体を利用したASIC機でのマイニング競争になっているため、恐らく古いスマートフォン機器のマイニングは実用的であるとは言えないだろう。しかし、スマートフォンは小さなコンピューターであり、アップサイクルプログラムにより、様々な機器がより良く生まれ変わるのは現代社会において必要不可欠となってくるだろう。これらのサムスンの活動を応援したい。

<元彌>

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する