FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

ヨーロッパの小売大手アルザ、支払いのためのBitcoonを受け入れ、アルトコインも追加するかも


チェコ国旗

ヨーロッパの小売業の巨人、Alza(アルザ)は、ビットコインでの支払を受け入れ始め、チェコ共和国の首都であるプラハと、スロバキア共和国の首都であるブラチスラヴァの店舗にビットコインのATMを設置し始めた。

チェコのニュースアウトレット「ルパ」によると、Alzaはオーストリア、ドイツ、英国を含む国際帝国のBitcoin支払いをオンラインで円滑化しています。

この刊行物はさらに、スポークスマンの言葉を引用している。同スポークスマンは、この動きは、国内外の顧客からの関心によるものだと述べた

「プラハはすでに今日ではヨーロッパの、ビットコインのもっとも重要な中心地のひとつです。ビットコインでの取引を導入することで、われわれはこの支払い方法の人気の高まりと新しい技術の可能性を支援していることになります」と、Alzaのインターネット・マーケティング責任者であるジャン・サディレック氏は語る。

ビットコインでの支払が実現したのは、商品の支払ゲートウェイであるBitcoinPayの助けがわったればこそである。ジャン・サディレック氏はさらにこうつけ加える。「ビットコインは、Alzaと仮想通貨を結びつける第一歩に過ぎず、イーサリアムやライトコインなどのアルトコインも次に導入する可能性がある。Alzaは、宝石や時計からエレクトロニクス、ハードウェア財布などのBitcoin装置など、さまざまな商品を販売しています」

ビットコインの支払い説明書には、すべての払い戻しは不換紙幣(いわゆる私たちが通常使っている紙幣)によるものという条文が含まれており、ビットコインでの払い戻しは利用できない。

数千の小売業者に仮想通貨をもたらす主要な取り組みが進行中の日本とは明暗を有しているが、Alzaは、ヨーロッパからの最初の主要なビットコイン受け入れ声明を行っている。

先週、Alzaは、ウクライナの小売端末の80%までをビットコインとダッシュで対応できる計画をほんの小さなプロジェクトとして発表した。

出典:cointelegraph

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する