FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【マネーツリー株式会社】みずほ銀行と銀行APIによる連携開始


家計簿イメージ

マネーツリー株式会社は、自社が開発した個人資産管理サービス「Moneytree」と、株式会社みずほ銀行の銀行API(以下「みずほダイレクト銀行API」)との連携を開始した。

両社は、マネーツリーが提供する金融インフラ・プラットフォーム「MT LINK」を通じて、 2016年4月にみずほ銀行の「みずほダイレクトアプリ」と連携してきた。

MT LINKとの連携開始後、永年保存されたデータがいつでも閲覧できるようになった。その後のバージョンアップに伴い、自行の口座閲覧のみの機能が、MT LINKが提供する他の金融機関(銀行、クレジットカード、証券口座)でも閲覧できるようになった。さらに、2017年3月に開催されたフィンテックイベント「FIBC2017」において、みずほ銀行の接続試験などを行う評価環境を用いて、マネーツリーのiMessageアプリ「割り勘アプリ」での振り込み機能のデモを行い、銀行APIの新たな可能性を提案した。

MT LINKとは

「MT LINK」は、国内2600社以上の銀行口座(個人・法人)、クレジットカード、電子マネー、マイル・ポイントカード、証券口座の金融データを標準化し、APIとして提供することで、既存のシステムとシームレスに接続が可能。IBMのBluemixと初の公式ファイナンスAPIとして連携し、会計、金融、不動産賃貸管理、自動車整備、経費精算、請求書発行、資産運用などの領域で、顧客に新しい価値を提供する金融インフラプラットフォーム。「Moneytree」と同じアカウント情報で、「MT LINK」と連携しているサービスへ自身の情報にアクセスができ、データ更新スピードとプライバシー保護方針、また業界での中立性が評価されている。現在、弥生、 TKCなどの大手会計会社、みずほ銀行、三井住友銀行などのメガバンク、地方銀行、セールスフォース・ドットコム、オラクル、カシオなど合計22社に提供している。

<辻 秀雄>

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する