FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【Finance Magnates】ビットコインの税金に関する、ビジネスマンが知っておくべき6つの事実。


あなたの会社はビットコイン(仮想通貨)の支払いを導入することを検討していますか?

5万人を超える米国の会社が既にビットコインを導入しており、もしあなたの会社が仮想通貨を受け入れる計画がない場合は、すぐに競争相手に追いつかなくなる可能性があります。仮想通貨を導入する際には、政府は仮想通貨から税務コンプライアンスを期待していることを覚えておいてください。そのため、ビットコインが何であるか、ビッコインでの支払いを伴う売却に課税される方法を理解することが重要です。

ビットコインは、銀行などの仲介業者を通さず、買い手と売り手の間で取引を直接行うことを可能にするデジタル通貨です。代わりに、トランザクションはブロックチェーンと呼ばれる元帳に記録されます。元帳は公開され、閲覧可能ですが、買い手と売り手の身元は一般に匿名です。このように、ビットコインには利点と欠点の両方があります。メリットとしては、プライバシーの強化、資金の瞬時の移転、仲介者に依存する複雑さとコストの削減などがあります。加盟店は、取引手数料の削減によって大きな利益を得ることができます。

ビットコインの税金に関する、ビジネスマンが知っておくべき6つの事実

ビットコインがあなたのビジネスにもたらす潜在的な影響について考えてみましょう。ここでは6つのことを理解しておいてください。

1.デジタル通貨で支払われる取引は、一般的な通貨で支払われる取引と同じ方法で課税されます。政府は、米ドルで支払われた取引の場合と同様に、ビットコインやその他の電子通貨で支払いが行われる取引において、売上税を収集することを要求しています。

2.ビットコインで支払われた取引は、現在使用しているものと同じ納税申告用紙上に他のすべての取引とともに報告されなければなりません。たとえば、総売上数には、すべての報告可能な米ドル取引の合計と、すべてのビットコイン取引の米ドル金額が含まれている必要があります。

3.ブロックチェーンの匿名性は、政府があなたのデジタル通貨取引を知ることができないということではありません。ビットコインの転送記録は、政府が見直すことができる公開データベースに保管されています。そのデータベースのアイデンティティは匿名ですが、政府は何らかの問題が起きた場合はそのデータベースを追跡することもあります。又、政府は現在のCoinbase社に対するIRSの訴訟など、主要なビットコイン取引からの取引データを求めています。

4. 適切な徴税と報告を確実にし、税金を受け取ることを加速するために、一部の政府の要望を追跡して、ビットコイン取引を含むすべての取引に関するリアルタイムの報告を得ることが重要です。国際的なビジネスを行っている場合、この開発は販売税の義務の報告および支払いに直接影響を与える可能性があります。

5. 第三者のクラウドベースサービスが、ビットコイン取引の売上税計算、収集および報告プロセスを自動化する方法を検討してみてください。ビットコイン取引の売上税義務を手動で計算することは、税率、ルールおよび報告要件が変更されると、非常に複雑で、時間がかかります。又、ソフトウェアを購入、導入、維持しようとすると、非常に値段が高く、ソフトウェアの管理は複雑です。第三者のクラウドベースのサービスは通常、既存のシステムとほとんど問題を起こさずに統合できます。このようなサービスは、計算が最新の税率に基づいて行われ、最新の税規則を遵守することを保証します。

6.もう一つの重要な傾向は、ビットコイン取引に関連した「スマートコントラクト」の進化です。スマートコントラクトは、トランザクション自体の一環として売上税の計算と支払いを組み込み、自動化するために、時間の経過とともに発展すると思われます。しかし、これらの「スマートコントラクト」の利用には時間がかかるので、この間にビットコインの導入を検討することが良いでしょう。

ビジネスにおいて、何か変化を起こす場合、それが短期的、又、長期的に良い事と悪い事があります。ビットコインも同様です。短期的には、技術についての知識を習得し、ビジネスプロセスを適応させることに時間を要します。長期的に見ると、効率が良くなり、コストが削減されます。そのため、今から仮想通貨の導入の検討をすれば、ライバル会社に差をつけることはできるでしょう。

注)当記事はAvalaraの副社長で最高技術責任者(CTO)のピーター・ホラダン(Peter Horadan)によって執筆された。また、記事内容は米国をベースに書かれたものであり、ビットコインを始めとする仮想通貨(暗号通貨)の税法や会計基準は、各国の法令を遵守されたい。(出典:Finance Magnates

仮想通貨(暗号通貨)の税法や会計基準

日本は国際競争力を高められるのか

それがギークのためのアングラ技術から、革新的技術に変貌を遂げたブロックチェーン技術。そしてビットコインにおいては、2017年4月の改正資金決済法の施行により、日本においてもその価値が認められ始めている。投資/投機目的や実ビジネスにおいても税制、会計基準が不明確な状況は米国や他国と同様である。コスト削減や記録・価値保存の手段としてのブロックチェーン技術を使った事業は、今後間違いなく伸びる分野である。他国に先立った早急な税制や会計基準の制定が日本の国際競争力を高める一助となることだろう。2017年6月現在、日本においては各省庁及び自主規制団体において議論が進められており、エムトレではその動向において順次最新情報をお届けいたします。

<元彌>