FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【Cointelegraph】ブロックチェーン取引に課税するのを妨げる法案を承認


ブロックチェーン取引非課税

ネバダ州議会は6月初旬、地方自治体がブロックチェーン取引に課税するのを妨げる法案を承認したため、ネバダ州はブロックチェーン取引に課税をしない、米国で最初の州となった

ネバダ州は、しばしば、重要な銀の産出地であるため、「銀の州」として認識されている。また、エンターテインメントの街ラスベガスの故郷としても有名だ。収入の大部分はカジノから上がってきており、この地域では、お金は大変貴重なのだ。初めて、ネバダ州は、ビットコインが進展し続けるための道を切り開くための重要な一歩を踏み出したのだ。

ブロックチェーン取引非課税

Ben Kieckhefer上院議員

3月30日、共和党のBen Kieckhefer上院議員は、州の統一電子取引法に従って、ブロックチェーン取引を保護することを目的とした上院法案第398号を発表した。

この法案は、ブロックチェーンの正確な定義をこう規定している。

「取引や他のデータの電子的記録で、他のデータまたは記録された取引の非否認または不変性を保証するために、1台以上のコンピュータや機械によって重複して維持される、暗号を使用して検証される」

ブロックチェーンに優位な法案である上院法案398は、昨年3月にKieckhefer上院議員によって発表され、4月に上院で満場一致で承認された。この動きは、5月にネバダ州議会が動き出す直前に行われ、それによって法案が修正され、承認されて、改正案を確定した上院に戻された。

その後、Brian Edward Sandovalネバダ州知事に送付され、承認された。この承認に関して、Kieckhefer上院議員は次のように述べている。

「ブロックチェーンの潜在的用途は無限であり、ネバダの起業家がこの技術を使用して現状を打破し、われわれの経済を促進する方法を見つけることは間違いありません」

これは、過去数日以内に立法化された、2番目のブロックチェーンに優位な法案である。5月29日、アリゾナ州知事Doug Ducey氏は、ブロックチェーンの署名とスマート・コントラクトの合法性を認めた法案に署名した。

この法律は、ネバダ州とブロックチェーン・コミュニティの双方が進展することが目的である。ネバダ州が分散したブロックチェーンに優位な州であり続けることを願って、だからこそ、改正案が正直、妥当性と不変性に焦点をあててもよい。それはらブロックチェーンでは知られていることである。

ひとつ一つ、米国の州はビットコインの方向へ舵を切っている。小さいところから始まったデジタル通貨は、今や、世界をリードし、未来がどのように豊に成長するのかについての道筋を示している。世界はビットコインの存在に慣れてきた。ビットコインは、これまでの歴史のなかで経験したことがないもので、そして、仮想通貨を中心とする世界は私たちが期待している未来でもある。ビットコインの合法性が認められる法律のおかげで、透明性と豊かな経済が私たちを待ち受けている。

出典:Cointelegraph

<辻 秀雄>