FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【Finance Magnates】8百万ドルを超える価値のあるEthereum、Freewalletユーザーから盗まれる


Ethereumが盗まれる

モバイルBitcoin、Ethereum、Moneroのウォレットで知られているFreewalletのユーザーは、保持していた暗号通貨が無くなっていると報告している。Ethereumブロックチェーンエクスプローラを使用すると、何者かが、ランダムに選んだFreewalletユーザーから合計21,000 ETH(8百万ドル以上)をある特定の場所にリダイレクトしていることがわかった。

同社は、ソーシャルメディアやインターネット掲示板で何もコメントしておらず、その行為は、ユーザーの多くに特殊詐欺なのではないかという疑いを抱かせた。つまり、先日ETH/USDが1Ethereumあたり400ドルを記録したように、あるオプションが発生した際に、意図的な詐欺を起こし、意図的にユーザーの資金を騙しとったと言うことだ。

しかし、過去に失われた暗号通貨の事件を考えてみると、これが本当に同じ事件かどうかを判断するのはまだ早い。一部のハッカーが、Freewalletのプログラミングで悪用するバグを開発し、同社とそのユーザーを犠牲にして、利益を得たと言う可能性もある。

ハッカー、サイバー攻撃者、および詐欺師は、ユーザーのウォレット、暗号通貨の取引所、クラウドセール(ICO)など、暗号通貨関連のビジネスを常にターゲットとしている。 暗号通貨市場の大部分が規制されておらず、世界の多くの警察機関も暗号通貨の問題に対応できておらず、彼らへのリスクも少ないため、暗号通貨市場は容易なターゲットのようだ。 しかし、暗号通貨コミュニティには、以前にも紹介したように、資金がどこに行くのかを追跡し、それを取り戻すことを考案するツールがある。

Finance MagnatesがFreewallet社に先の問題へのコメントを求めてたところ、同社はFreewalletの共同設立者であるアルヴィン・ハグ(Alvin Hagg)の公式声明を発表した。

Alvin Hagg, Freewallet創業者

Alvin Hagg, Freewallet創業者

「Freewalletは市場で1年以上運営しており、ユーザー資産の安全性を最重要としています。当社のセキュリティチームは、最上位レベルの暗号通貨多層セキュリティシステムを運用しています。操作の開始以来、1セントのお金も失われていませんでした。

Freewalletは、銀行レベルのセキュリティであるマルチシグネチャコールドストレージ(複数署名コールドストレージ)に資金を保管しています。時々、ホットウォレットとコールドストレージ間で調整手続きがありますが、心配する必要はありません。これは、暗号通貨システムのための通常の計画された手続きで、すべてのユーザーの資産は完全に安全です。私たちは14種類以上のウォレットを提供しており、そのすべてが正常に稼働しています。」

Finance Magnatesが提示した追加の質問に対して、彼らは次のように付け加えた:

『Freewalletは、チェコのプラハにある暗号通貨のスタートアップ会社です。市場の大幅な成長に伴い、私たちの会社のサポートチームは過剰な仕事量に追われており、通信スピードが遅くなっています。今、私たちはサポートシステムを拡張しており、近日、ユーザーの通信スピードはずっと速くなる予定です。

ユーザーの資金はコールドストーレッジへ保管されます。私たちは14種類以上のコインとブロックチェーンを現在扱っており、扱う商品数はさらに増える予定です。私たちは、資産が安全かつ確実に保管されるようにするための技術を開発しました。この技術では、すべての取引は、各ユーザに固有のアドレスを介して送信されます。そして、プールに集められ、支払いアグリゲータまたはマルチシグネチャコールドストレージ(複数チャンネルコールドストレージ)のいずれかに送られます。私たちは、当社のプラットフォームは暗号通貨市場で最も安全なプラットホームの1つと考えています。

Ethereumブロックチェーンは、先日のBancor クラウドセール(ICO)取引で過剰な負荷がかかりました。その細かなトランザクションは現在処理中です。その処理は数時間後に終えるでしょう。新しいEthereumトランザクションは正常に入出力されています。将来のFreewalletのアップデートでは、そのような不具合が起こった場合に備え、特別な機能を追加することを検討する予定で、ユーザーが処理されるトランザクションで、ブロックチェーンの負荷と予測時間を監視することを可能にします。』(出典:Finance Magnates

エムトレの視点

Freewalletの創業者は結局のところ、なぜFreewaleetユーザーのイーサリアムが失われた原因については言及していない。ただここで注意していただきたいのは、日本でも悪名高いマウントゴックス事件しかり、これらの発生原因はビットコインやイーサリアムおよびブロックチェーン技術の問題ではなく、各取引所やウォレット運営側のセキュリティの問題である。一度送金された仮想通貨(暗号通貨)は原則として取り戻すことができないため、各投資家・投機家においては、その性質を理解し、取引所の選定、ウォレットの選定、ホットウォレットとコールドウォレットの使い分けを行うなど、各々でのセキュリティ対策を施すことをお勧めする。

用語解説

ホットウォレット(ホットストレージウォレット)は、インターネットに直接接続されていて、ユーザー要求に従ってすぐに送金が行える一方、常に、ウイルスやハッキングの危険性がある。

コールドウォレット(コールドストレージウォレット)は、隔離された環境に秘密鍵を保管するため、安全性は高いが、送金する際に人の手を介して操作をするため利便性に難がある。

<元彌>