FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

エムトレメルマガ登録 Menu

【Finance Magnates】ロシアで最大のオンライン証券会社がBitcoin(ビットコイン)の取引を開始


国際的に名前が知られているアルパリは、「BTC/USD(ビットコイン/米ドル)」と「BTC/EUR(ビットコイン/ユーロ)」の2つの新しい金融商品を、取扱い商品に追加したことを、ロシアの顧客に発表した。

アルパリは、ロシアで最大のオンライン証券会社であり、PAMMのようなビジネスのための新しい取引方法を最初に導入したため、業界のリーディングカンパニーのひとつといわれている。PAMMとは、ユーザーのFX口座等を第三者(トレーダー)に委託して、投資、運用をしてもらう手法のことである。アルパリがビットコインを取引商品として追加したということは、オンライントレード業界が仮想通貨の取り扱う方向に動いていることを示している。

ファイナンス・マグネイツは、バイナリオプションやFXおよびCFDのブローカー業務で知られる、テルアビブを拠点とするPanda Trading Systemsが、自社が持つすべてのプラットフォームで、7つの暗号化通貨をCFD取引で提供し始めたことを報じた。

先月、HYCMは、顧客が「BTC/USD」の通貨ペアを取引できると発表した。仲介業務は、英国の金融仲介機関(FCA)やドバイ金融サービス局(DFSA)、キプロス証券取引委員会(CySEC)によって規制されており、それはHenyep Capital Marketsグループの業務の一部にすぎない。

仮想通貨の取引を提供している他のオンラインFXブローカーとしては、eToroFXOpenXTBAyondoJFD BrokersMarkets.comInstaForexIGPlus500AvaTradeなどがある。

Adam Leonard氏

BlockExの最高経営責任者であるAdam Leonard氏は、ファイナンス・マグネイツとのインタビューで、仮想通貨のCFD取引がブローカーを巻き込む、非常に高い価格の変動性リスクを回避する方法で、ビットコインやイーサリアムの取引をいかに追加できるかを説明した。

出典:Finance Magnates

<辻 秀雄>

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する