FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【Coindesk】米デラウェア州議事堂にて歴史的なブロックチェーン規制通過


この業界に詳しい担当者の情報によると、デラウェア州でブロックチェーン上での証券取引の権利を明白にする修正案が通過した模様。

州議事堂が休会に入る直前に詰め込まれた、広範囲に渡る修正案の一つであったこの法案は、法的にブロックチェーン上にある記録を認識したものである。

投票についての詳細は現在も更新されている最中であるが、Global Delawareの指導局長であるAndrea Tinianow氏はCoinDeskへのメールにて次のように述べた。

「記事を書くのなら今である。歴史は作られている!」

また、別の情報源によると議案は一票のみの反対で、ほぼ満場一致で通過したようだ。決議投票は先月行われた上院議会での議案通過の後に行われ、議案が採択されるための最後の障害として認識されている。

デラウェア州弁護士会企業法部長であるMatthew O’Tool氏は、州知事であるJohn Carney氏が8月1日付に間に合うよう、7月末までに法案の成立のために議案に著名するであろうと語った。

CoinDesk宛のメールでO’Tool氏は、この議案は分散台帳型株式の利用を可能にする点においてデラウェア州の会社法を大きく前進させることになるだろうと言う。さらに彼は「デラウェア州の企業が法律とテクノロジーを新たに融合したイノベーションによる恩恵が得られることを楽しみにしている」と加えた。

法人組織の数が住人の数より多いデラウェア州であるが州議会に渡された改正法案は今後企業がどのように記載されるかを暗示しうる。

Cooley LLPのブロックチェーンの弁護士Marco Santori氏とブロックチェーンのスタートアップ企業SymbiontのCaitlin Long氏の指導の下構成されたこの議案はブロックチェーン上の証券が大規模に発行される土台を作るであろうと期待されている。

ブロックチェーンやそれに似た分散型台帳で証券が取引されることにより、証券売買のプロセスから利益を得ている買い手と売り手を結ぶ仲介人を排除することが可能であり、結果として、取引にかかる時間の大幅な短縮に繋がるだろう。

CoinDeskが得た情報によれば、もともと大目に見られていたブロックチェーン上の証券の発行について様々な企業から法律を明白にするべきだという要望があり、それに応えて、この議案は前州知事であるJack Markell氏により去年紹介されたという。

Symboint社のLong氏はCoinDeskに「これはデラウェアにとって大きなことである」と言い、続けて今回の改正案の予想される潜在的な恩恵について以下のように説明した。

「この議案は、セキュリティー当局のために末端から末端までのデジタル化を可能にすることで、会社法人登録サービスにおいてリーダーシップを発揮することになるだろう。銀行は見返りの担保を自動で記入することのできるこのプロセスを使用することを熱望している。」(出典:Coindesk

エムトレの視点

米デラウェア州での法案が通過すれば画期的なことだ。ブロックチェーン上での証券発行が認可されれば、中間コストを削ることが出来、投資家や会社にとっては大きなメリットになる。デラウェア州での結果に注目したい。

<元彌>