FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

エムトレメルマガ登録 Menu

【CryptoCoinsNews】大手銀行グループのSwissquotesがBitstampビットコイン取引を追加


銀行が仮想通貨取扱

欧州の大手銀行グループであるスイスクォート(Swissquote)は、暗号通貨取引所のBitstampと提携し、オンライン取引プラットフォームにビットコインを導入した。 スイスクォートの顧客は現在、BTC/EURとBTC/USDの両方を取引でき、スイスクォートは将来はさらにBitstampとの提携を拡大することを望んでいる。

Bitstampの最高経営責任者CEO Nejc Kodric氏は、この提携は、法規制の順守を維持しつつ、暗号通貨を一般の金融部門に統合するための重要なステップであると述べる。

「スイスクォートとの提携は、ビットコインと従来の金融業界を統合するという点で飛躍的な進歩を遂げています。我々はこのような著名な会社と協力することを光栄なことです。ビットコイン取引を奨励する私たちの努力は、ユーザーに大きな信頼を与え、ビットコイン業界を強化し、実を結び続けています。又、比較的短期間の歴史の中でデジタル通貨が示す強力な可能性は、従来の金融市場がどうやってデジタル通貨を金融市場に取り入れるかを模索させています。」

ブロックチェーンが主流になる

実際、スイスクォートのビットコイン取引の導入は、ビットコインとブロックチェーン関連のテクノロジーを金融業界の主流とする傾向が高まっていることを示している。 バークレイズ(Barclays)グループの元CEO、Antony Jenkins氏は最近、ブロックチェーンテクノロジーを採用していない銀行は金融業界から消えると警告し、銀行業界はその考えに同意していようだ。

民間銀行はブロックチェーンの研究に資金を投入している。又、多くの国立銀行はデジタル通貨規制を発布しており、事実上合法性を認めている。 中国の中央銀行は、暗号通貨の採用が経済の崩壊につながる可能性があると懸念しているが、デジタル通貨を慎重に研究し始めている。一方、インドは、現金からの移行を支援するためにデジタル通貨を合法化することを検討している。 さらに、エジプト中央銀行CBEは、民間銀行がビットコインや他の暗号通貨を取り扱うことを検討していたという噂もあったが、エジプト中央銀行の幹部はこれらの噂が間違っていると述べた。(出典:CryptoCoinsNews

エムトレの視点

Swissquoteの行動の速さには驚かされる。日本においても他国においても銀行の関心はBTCを取り扱うことではなく、Blockcahinないしは独自のデジタル通貨の発行及び研究がメインだ。レガシー銀行が新興企業と手を組むことで、更に洗練されたモノが生まれてくることを期待している。もはや金融業界においてブロックチェーン技術の導入は必須であるといって過言ではない。

<元彌>

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する