FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【Distributed.com】アフリカは次のブロックチェーン開発の拠点なのか?


西側諸国と比較して、アフリカの多くの地域には、豊富なインフラ、堅固な金融機関、高度の政治的安定性、および大規模な資本の蓄積に欠けている。そのため、アフリカ大陸での成長が制限されている。

しかし、かなりの分野で、ブロックチェーン技術が進展する場が設けられている。意図的に、ブロックチェーンの枠組みは、今日、アフリカ大陸とそこに暮らす住民が直面している多くの課題のなかで、進展しようとしている。

そんなわけで、ブロックチェーン技術は、アフリカの社会や経済を劇的に変革するものとして位置づけられているのだ。このプロセスは、アフリカのブロックチェーン開発者を雇うのが困難だという難題があるにもかかわらず、アフリカでブロックチェーン技術の採用が拡大するにつれて、すでに進行中である。

いくつかの重要な点で、ブロックチェーン技術は、アフリカでもっとも広範囲に及ぶ社会的、政治的、経済的問題のいくつかに、意味ある解決策を提供している。多くのアフリカ諸国が直面している次のような課題に対して、ブロックチェーン技術がそれらの課題を解決するのに役立つ方法を考えてみる。

中央の政治的な不安定性

伝統的な通貨とは異なり、ブロックチェーンに基づく仮想通貨は、その価値を保証するために、政府の価値や国の信用度に依存していない。また、政治危機や戦争によって引き起こされた地域的なインフレにも影響されない。これらの要因は、政治的な激動や軍事的な葛藤に直面しているアフリカ諸国において、ビットコインのような仮想通貨はとくに魅力的である。

インフラストラクチャーの欠如

ブロックチェーン上のデータや財産の交換には、通常、インターネット接続以上のものは必要ない。高速道路、空港、その他の伝統的なインフラストラクチャーがなくても、ブロックチェーンの有効性に何の影響も及ぼさない。

資本の不足

資金の源泉としての非アフリカ人への依存度が高く、大陸に比較的小さな金融サービス産業があるが、投資資本(アフリカでは政府、企業、個人を問わず)は限られている。 サハラ砂漠以南のアフリカ人の約80%は銀行を利用していない。

ブロックチェーンは、従来の銀行に頼らずに資本を交換する手段を提供することによって、この課題を解決することができる。さらに、ブロックチェーンは複雑な官僚主義によって管理されないため、個人向けの少額融資や大規模な国債であっても、資本に対して、迅速で費用対効果の高いアクセスを提供できる。

限られた教育機会

アフリカの多くの地域で、多くの種類の現代技術を扱うために必要な専門知識を得ることは困難である。しかし、ビットコインやイーサリアムのような、ほとんどのブロックチェーン技術はオープンソースであり、インターネット上で完全に文書化されているため、世界中の誰でも簡単にブロックチェーン技術がどう機能し、ブロックチェーンに基づいたビジネス戦略を立てることができる。

言い換えれば、ブロックチェーン技術に関する情報へのアクセスは、エンジニアリングや医学などの専門職が時々そうであるように、優秀な教育システムを持つ国に住む人々のために確保された特権ではない。

アフリカ大陸内で課題などへの解決策としてのブロックチェーンの活用することは、単に理論的なものではない。多くの企業がすでにアフリカ大陸の人々に革新的なソリューションを提供するために、ブロックチェーン技術を使用している。彼らはアフリカの問題を解決するために働いているが、いつの日か世界中の人々を助けることができる方向で、ブロックチェーンを取り扱っている。

アフリカのブロックチェーン企業

BitHub.Africaはその一例である。2015年12月に設立され、ケニアに拠点を置くBitHub.Africaは、アフリカ大陸でブロックチェーン技術を扱う組織にコンサルティングや開発、サポートサービスなどを提供している。その構想は、金融サービスから身元管理まで、さまざまな分野でブロックチェーンの使用を促進することを目的としている。

ガーナに拠点を置くブロックチェーン企業のBitlandには、より特別に焦点をあてているものがある。それは、ブロックチェーンをベースにした土地管理システムを構築することで、そのシステムを通じて、人々が所有する地所や不動産の所有権を登録できたり、所有権利を保障したり、取引を確定するために、信頼できる政治当局に頼らなくてもいいようにできる。

金融取引の分野では、南アフリカのBankymoonは、Bitcoinやその他のブロックチェーンベースの仮想通貨を利用して、証券取引や電子決済を可能にしている。同社はとくに、ブロックチェーンを使用して、従来の銀行へのアクセスが制限されている人たちに、金融サービスを拡大することに関心を抱いている。

アフリカのブロックチェーン開発者たちも、教育分野でも革新的な取り組みを行っている。 ナイロビに設立された開発グループotlwは、教育コンテンツの評価とグループ学習の推進のためのソリューションを構築するために、スマートコントラクトとブロックチェーンを使用している。

元々otlwは、アフリカに拠点を置いていたが、そのチームメンバーは現在、北米とドバイの間に広がっている。彼らの大陸からの脱出は、アフリカが直面しているより広範囲な頭脳流出を代表するものであり、才能のあるアフリカ系ブロックチェーン開発者の一部は、ブロックチェーン技術がもっと確立された地域で働くために、アフリカ大陸から立ち去っている。

上記のような革新的企業がアフリカで成功するためには、アフリカのブロックチェーンの専門家たちが、アフリカ大陸に残っている必要があり、ブロックチェーン技術に関する教育がもっと増加する必要がある。

これらの企業にとって幸いなことは、かなりのアフリカのブロックチェーン開発者が、ブロックチェーン・アプリケーションを通して、部分的には、故郷を良くするという信念を持った義務や責任のために、アフリカ大陸に残る道を選択していることである。

アフリカにとって、頭脳流出という不安は課題として残るかも知れないが、ブロックチェーン・ソリューションはアフリカ大陸で確実に進展している。それは、アフリカのブロックチェーン企業がすでに広範な隙間市場のなかで確立している勢いは、アフリカでは、技術が革新的な進歩への道をたどっていることを示唆している。それはまた、人々が長年にわたって直面してきた重大な障害を克服することも約束している。

出典:Distributed.com

<辻 秀雄>

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する