FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【Cryptocoinsnews】ブロックチェーンは農業とフードサプライチェーンを革命化する


ケニアの農作物加工会社のGreenspec社のCEO、Kimani Mbugua氏は、ブロックチェーン技術は農業を大きく変える可能性があると述べる。

土曜日、ケニアのナイロビにあるヴィラローザケンピンスキー(Villa Rosa Kempinski)で行われたケニアのビットコイン取引所のBelfricsの立ち上げ時に語ったところによれば、Mbugua氏は、農業におけるブロックチェーンの話はほとんどないが、その技術から大きな利益を得ることになると説明した。

また、ケニアで大豆や保全農業を促進することで知られているキマニ(Kimani)氏は、ブロックチェーン技術によって変革できる産業について概説した。

キマニ氏は次のように述べる

「ブロックチェーン採用は、リアルタイム管理、サプライチェーン、モバイル決済とファイナンスからなる農業の3つの主要分野で大きな可能性を秘めています。」

フードチェーンサプライ

キマニ氏は、最近多くの人に人気のあるオーガニックを含む食物連鎖の透明性とクリーンな食べ物の消費者からの需要が急増していると説明する。しかし、生産者と製造者は、農場から食卓へ正確なデータを検証することにしばしば苦労している。

彼は次のように言及した

「しかしブロックチェーン技術を使えば、消費者は商品のラベルから、その食材には何が使われていて、どのように生産されたのか知ることができます。」

キマニ氏は製造業者による商品の正確な起源と奴隷労働や公害のような問題を検証するための、簡単で正確な方法がない現在の現象を非難した。

農業専門家であるキマニ氏は、オーガニック食品を提供するような財政的に豊かな市場の消費者は、そのような情報を提供する製品への支払いを拒んでいないと考えている。 キマニ氏は、現在行っている認証と規制を中心としたやり方は、面倒で費用がかかり、消費者を混乱させると考えている。

彼は次のように付け加える

「ここでのブロックチェーンの価値は、サプライチェーンを完全に透明かつ豊かにする能力であり、農場から食卓まで不変のデータの提供ができます。サプライチェーンに関わる人々がブロックチェーンによって提供された情報で苛立つことはないであろう。」

キマニ氏は、その情報提供のプロセスが食品がどこから来てどのように生産されるのかを生産者と消費者に信頼を提供すると言い切る。そのため、彼は農業におけるブロックチェーンの役割について明るい印象を持っていた。

アフリカのBelfrics

この機能でビットコインコミュニティに対応するBelfrics GlobalのCEO、Praveen Kumar氏は、同社は今後数カ月間にアフリカ大陸でビットコイン取引所を解説する予定であることを明らかにした。 Praveen氏によると、ケニア市場でのビットコインの試用テストの結果、彼はビットコイン取引所を開設する決定を下した。

マレーシアに本拠を置くBelfrics Globalは、インド、シンガポール、そして現在ケニアでビットコイン取引所を所有し、今後数ヶ月でナイジェリア、ガーナ、ボツワナの市場に参入する。アフリカでは、アフリカでは暗号通貨の売買を可能にするためのインフラ不足のため、暗黒大陸のアフリカのこのビットコインの採用は良い見通しである。(出典:Cryptocoinsnews

エムトレの視点

アフリカにおける農業サプライチェーンの透明化は、農産物提供の安全性をより低コストに提供できる事となるだろう。ブロックチェーンによるサプライチェーンの透明化、革新はアフリカのみならず世界中で有効となるはずだ。一方、透明化されることで、よからぬ風評被害が拡大する可能性があることに留意しなくてはならない。ただそれでもサプライチェーン革命のメリットは十二分にあるはずだ。

<元彌>