FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【日本仮想通貨事業協会】「登録仮想通貨交換事業者合同記者会見」に潜入


2017年10月2日(月)午前11時30分から、東京・霞が関の霞が関コモンゲート西館37階の霞山会館で、金融庁から仮想通貨交換事業者として認可され、日本仮想通貨事業協会に加盟している業者の合同記者会見が、新聞社やテレビ局などのマスメディアをはじめ、ウエブメディア等を招いて行われた。

合同記者会見に参加した協会加盟の仮想通貨登録業者は、10社のうちの8社(bitFlyerは協会加盟していない)。マネーパートナーズをはじめ、ビットバンク、QUOINE、SBIバーチャル・カレンシーズ、フィスコ仮想通貨取引所、BTCボックス、ビットポイントジャパン、ビットトレードである。

仮想通貨交換業者登録一覧(10月4日時点:金融庁HPより)

会社名 登録番号 所在地 取り扱う仮想通貨
株式会社マネーパートナーズ 関東財務局長
第00001号
東京都港区六本木3-2-1 BTC
QUOINE株式会社 関東財務局長
第00002号
東京都千代田区平河町2-7-3 BTC、ETH、BCH
株式会社bitFlyer 関東財務局長
第00003号
東京都港区赤坂3-5-5 BTC、ETH、ETC、LTC、BCH
ビットバンク株式会社 関東財務局長
第00004号
東京都品川区西五反田7-20-9 BTC、ETH、XRP、LTC、MONA、BCC
SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社 関東財務局長
第00005号
東京都港区六本木1-6-1 BTC
GMOコイン株式会社 関東財務局長
第00006号
東京都渋谷区桜丘町20-1 BTC
ビットトレード株式会社 関東財務局長
第00007号
東京都港区三田2-11-15 三田川崎ビル4F BTC、ETH、XRP、LTC、MONA、BCC
BTCボックス株式会社 関東財務局長
第00008号
東京都中央区京橋1-6-6 ハラダビル4階 BTC、BCC
株式会社ビットポイントジャパン 関東財務局長
第00009号
東京都目黒区東山1-5-4 KDX中目黒ビル BTC、ETH、XRP、LTC、BCC
株式会社フィスコ仮想通貨取引所 近畿財務局長
第00001号
大阪府岸和田市荒木町2-18-15 BTC、MONA、FSCC、NCXC、CICC、BCH
テックビューロ株式会社 近畿財務局長
第00002号
大阪府大阪市西区西本町1-4-1 オリックス本町ビル4F BTC、MONA、BCH、XCP、ZAIF、BCY、SJCX、PEPECASH、FSCC、CICC、NCXC、Zen、XEM
BTC(ビットコイン)/ETH(イーサリアム)/ETC(イーサリアムクラシック)/LTC(ライトコイン)/XRP(リップル)/MONA(モナコイン)/BCH・BCC(ビットコインキャッシュ)/XCP(カウンターパーティー)/ZAIF(ザイフ)/BCY(ビットクリスタル)/SJCX(ストレージコインエックス)/PEPECASH(ぺぺキャッシュ)/FSCC(フィスココイン)/CICC(カイカコイン)/NCXC(ネクスコイン)/Zen(ゼン)/XEM(ゼム(ネム))

まず、冒頭に日本仮想通貨事業者協会の会長である、マネーパートナーズ代表取締役社長の奥山泰全氏より、挨拶があった。

「9月29日(金)に、当協会加盟の10社が、仮想通貨交換業者として登録が完了したことをご報告いたします。関東財務局さまのほうで8社、近畿財務局さまのほうで2社となっております。登録が済んだ業者は全部で11社ですが、あとの1社は、当協会に加盟されていないビットフライヤーさまでございます。今日は、自主規制の取り組みについてのこともありますが、主には、登録が完了した各社の説明と、最後に協会の今後の取り組みについて説明をさせていただきます」

といって、挨拶を終えた。続いて、協会会員番号順に、各社の説明に移った。

株式会社マネーパートナーズ代表取締役の奥山泰全氏

奥山泰全氏

「今回、仮想通貨業者を兼業で取得させていただきました。当社はFXの色合いが強いと見られていますが、どちらかと言いますと、マネパカードを展開しておりますので、マネパカードにビットコインなどをチャージ、残高保持をしながら、一般のお客さまが日常生活の中で仮想通貨を使っていただけるような取り組みをして参りたいと考えています」

ビットバンク株式会社代表取締役の廣末紀之氏

廣末紀之氏

「今回、仮想通貨のとびらが開いたのではないかと、非常に嬉しく思っています。これが始まりで、今後、ルールづくりだとかも含めて、業界の発展に努めていきたい。私どもはメディアや、さらに、ブロックチェーン大学校などの教育事業をおこなっており、いろいろな事業を通じて、正しい知識、人材が育って、業界が発展していければ非常に嬉しく思います」

株式会社ビットポイントジャパン代表取締役の小田玄紀氏

小田玄紀氏

「1年前は『仮想通貨って何?』という声が多かったのですが、今後は、仮想通貨も広まってきて、次の1年は、一般生活者の声を取り入れたいろいろな仮想通貨のサービスを展開していきたいと考えています」

QUOINE株式会社CFOのKonno Katsuya氏

Konno Katsuya氏

「2014年4月にシンガポールで仮想通貨の交換所事業を開始、同年11月に日本でも交換所の事業を始めました。当社の特色は、グローバルな投資銀行で、トレーダーではなく、きちんとしたエクスチェンジのシステムをつくりあげきたエンジニアたちの集団で、最先端の仮想通貨のシステムをつくりあげていることです」

SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社代表取締役の齋藤亮氏

齋藤亮氏

「登録を終えたとはいえ、まだまだ法的な面も含めて未整備な部分があり、それを自主規制団体と共につくりあげていくのが責務だと思っています。仮想通貨が持っているポテンシャルをいかに世の中に広めて、さらに、公益性の高いものにしていくかが、SBIグループの責務とも考えています。仮想通貨の提供を通して、便利な世の中をつくりあげていきたいと思っています」

株式会社フィスコ仮想通貨取引所代表取締役の越智直樹氏

越智直樹氏

「仮想通貨交換所の事業は2016年8月29日にスタートしました。今後は、メールマガジンの提供や、上場企業である親会社のフィスコと提供して、いろいろなサービスを提供していきたいと考えています。仮想通貨で起こるイノベーションを先取りしながら、皆さまに安心できるサービスを届けたいと考えています」

BTCボックス株式会社代表取締役の張店氏

張店氏

「日本で一番歴史が長い仮想通貨取引交換所として存在しています。今後は、もっと安心して取引ができるような環境をつくっていきたいと考えています」

ビットトレード株式会社のグループ会社であるFXトレード・フィナンシャルの小林彰彦氏

小林彰彦氏

「第一次登録業者として認められましたが、これは終わりではなく、まさに始まりの第一歩で、今後の日本の仮想通貨事業の健全化について、私どもがFX事業で培ってきたノウハウがいかせるのではないか、協会や当局との対話を通じて、市場参加者であるお客さまと事業会社が一体となって、仮想通貨市場の健全化に働きかけながら、私どものビジネスも共に成長していきたい」

テックビューロとGMOコインは所要のため、欠席だった。

その後、協会の専務執行理事である幸政司氏より、今後の協会の方針などの説明があり、さらに、質疑応答と、フォトセッションを行って、合同記者会見は定刻通りに終了した。

<辻 秀雄>

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する