FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【マネーツリー株式会社】今月下旬にはオーストラリアでもビジネスを展開。個人の資産管理を飛躍的に便利にするマネーツリー株式会社にインタビュー


個人の資産管理を飛躍的に便利にするマネーツリー

人々とお金の在り方を劇的に変えることを目的に、2012年に日本で起業したマネーツリー株式会社。2013年には、銀行、カード、電子マネー、マイルポイント、証券などを自動で一括に管理できる個人資産管理アプリ「Moneytree」を開発・提供し、AppleのBest of 2013、Best of 2014を2年連続で受賞という快挙を成し遂げた。2015年になると、企業向け金融インフラプラットフォームである「MT LINK」を開発し、三大メガバンク系ファンドから投資を受け、IBMおよび米MasterCardの公式パートナーとして選出された。そして今年(2017年)、SBI、地方銀行系ベンチャーキャピタル、海外大手運用会社から出資を受け、国内に限らず、海外へもビジネスを展開しようとしている。

現在、BtoBの「MT LINK」を導入している企業は23社になっているが、そもそも「MT LINK」とはどういったものなのか。マネーツリーのマーケティング部長のザック・タウブ氏と、マーケティング・スペシャリストである北方薫さんに話を聞いた。

APIとして機能を提供

個人の資産管理を飛躍的に便利にするマネーツリー

北方薫さん

「国内2600社以上の銀行口座(個人も法人もですが)やクレジットカード、電子マネー、マイルポイントカード、証券口座の金融データを標準化して、APIとして提供しているのが、『MT LINK』です。IBMのBluemixと初の公式ファイナンスAPIとして連携し、会計、金融、不動産賃貸管理、自動車整備、経費精算、請求書代行、資産運用の分野で、顧客に新しい価値を提供する、金融インフラプラットフォームです。つまり、金融機関などが導入しているアプリに、当社のAPIを導入してもらって、ユーザーにサービスを提供するというものです。企業によっては、証券口座のデータだけをAPIとして導入したいと考えているところもあるでしょう。ですから、自社のサービスで足りないところを補うかたちでカスタマイズし、導入されるところもあります」

たとえば、直近では、常陽銀行が自社のアプリである「常陽銀行Secure Starter」に「MT LINK」を導入した。導入したアプリ内の機能名称は「一生通帳by Moneytree」。この機能が追加されたことによって、同銀行の自分の口座明細の表示期間に制限があったものが、一生涯、閲覧することが可能になった。インターネットバンキングの場合、自分の通帳の口座明細を確認できるのは、3カ月程度が限度だというものが多いから、ユーザーにとっては、これは便利な機能に違いない。

さらに便利なのは、マネーツリーに登録したアカウント情報さえあれば、「MT LINK」を導入している企業の、自分自身の情報に容易にアクセスできることだ。

北方さんは、さらに、今後の「MT LINK」の狙いについて、次のように語る。

「『MT LINK』を導入しているのは、金融機関や会計事務所が中心ですが、今後は、不動産関連や保険関連業界などへも進出し、さらに、IoTやデータを活用してイノベーションを起こしているような業界への取り組みも検討しています。」

通称、家計簿アプリ「Moneytree」

個人資産管理アプリ、通称、家計簿アプリと呼ばれることが多い「Moneytree」は、個人の資産を一括して確認することができて、たとえば、クレジットカードを登録しておくと、その月に何に支払ったかが自動的に集計されて、その内容をひと目で確認することができる。

「家計簿アプリは、マネーツリーだけでなく、他社でも提供されているところがありますが、他社と大きく違うところは、ビジネスモデルとしてBtoBが中心になっていることです。BtoCのアプリ自体の使用は無料でお使いいただけます。当社は、広告ビジネスを行っていないので、バナー広告、他社からの勧誘メールなどはいっさい流れてこない、というのが特徴のひとつです」

と北方さんは語る。では、「Moneytree」を利用するにはどうしたらいいか。まず、新規会員の登録は、電子メールとパスワードを入力するだけで登録できる。そして、次に、銀行や電子マネー、証券、クレジットカード、さらに、その他の口座があれば、その口座を登録すると、サービスを受けることができる。

「登録をして、インターネットバンキングの口座と連携をしていただくと、いろいろなデータをアプリのなかで一括して見ることができるというかたちになります。それは、銀行口座だけではなく、マイルポイントや電子マネー、証券口座にも対応していますので、現金を持たない主義の方には、好んで使っていただけるサービスになっていると思います」

2017年6月7日現在、2439種類のサービスに対応している。さらに、セキュリティもしっかりしているのが特徴で、認証ピニング、Touch IDなどの生体認証、第三者機関による定期的な侵入テストなど、国際レベルのセキュリティ基準を提供している。

今後は海外進出も

個人の資産管理を飛躍的に便利にするマネーツリー

ザック・タウブさん

では、マネーツリーの今後のビジネス展開はどうか。マーケティング部長のザック・タウブ氏は次のように語る。

「金融関係や財務関係を中心に、不動産業界や保険業界へもビジネスを展開していくなど、マネーツリーの価値をもっともっと上げて、みんなに広く知ってもらいたいと思っています。そして、同時に海外展開を考えています。すでに、6月下旬には、オーストラリアで金融機関への『MT LINK』の導入や、『Moneytree』のサービスが始まります。」

マネーツリーは、日本国内に限らず、大きくビジネスを変え、もっとも信頼されるユニバーサルなプラットフォームを目指しているようだ。

<辻 秀雄>