FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【株式会社インプレスホールディングス】『いちばんやさしい為替の教本 人気講師が教える実務で使える通貨と経済のしくみ』を刊行


インプレスは、為替相場が動くしくみをわかりやすく図解する新刊『いちばんやさしい為替の教本 人気講師が教える実務で使える通貨と経済のしくみ』を刊行する。発売日は、2018年7月13日(金)である。

為替を通じて経済のしくみがわかる

日々の新聞報道やテレビニュース、ネットなどでは「東京外国為替市場では1ドル109円32銭から109円33銭で取引されています」などと為替相場を報道している。しかし、通貨はなぜ変動するのか、理解している人は少ない。為替は、日本円と米ドルなど、通貨と通貨を交換することである。そのため、為替のしくみが理解すれば、世界の経済の動きもある程度は、予測ができる。

仕事で使える知識が身につく

金融業界を中心に、小売や物流、輸出入など、為替の影響を受ける業種は多い。「この先、通貨高に動くのか、通貨安に動くのか」などの為替相場予測は難しい。しかし、どんなときにどういう理由で為替相場が動くのかを知ることは、その仕事を行ううえで武器になる。

本書では、世界の経済活動が為替相場にどう影響するのかを丁寧に解説。金融政策と為替の関係、国際政治と為替の関係、主要な経済指標の読み方など、ビジネスパーソンが知っておくべき経済の知識が広く身につくような構成がなされている。

本書が想定する読者像

・経済ニュースが理解できる程度の教養を身につけたい人
・主要な経済指標の読み方を知りたい人
・円高・円安がどのような仕組みで決まるか知りたい人
・金融政策の基礎知識を身につけたい人
・さまざまな通貨の特徴を知りたい人
・為替取引のリスクとリスクヘッジを理解したい人

目次

[CHAPTER 1]為替の基礎知識
[CHAPTER 2]為替相場の決まるしくみと外国為替市場
[CHAPTER 3]為替相場が動く経済的要因を知ろう
[CHAPTER 4]金融政策と為替の関係
[CHAPTER 5]国際政治と為替の関係
[CHAPTER 6]おもな通貨の特徴や傾向を知ろう
[CHAPTER 7]為替取引のリスクとリスクヘッジを正しく理解しよう
[CHAPTER 8]為替相場を動かす経済指標
[CHAPTER 9]為替の情報を収集しよう

書誌情報

 

書名:いちばんやさしい為替の教本 人気講師が教える実務で使える通貨と経済のしくみ
著者:神田卓也
発売日:2018年7月13日(金)
ページ数:224ページ
サイズ:A5判
ISBN:978-4-295-00407-3
価格:本体1,500円+税
電子版価格:1,350円+税
書誌情報こちらまで。
◇書影ダウンロードはこちらから。

 

 

 

 

 

著者プロフィール

神田卓也。外為どっとコム総合研究所取締役調査部長。1991年9月、 4年半の証券会社勤務を経て株式会社メイタン・トラディション(現:トラディション日本)に入社。為替(ドル/円スポットデスク)を皮切りに、資金(デポジット)、金利デリバティブなど各種金融商品の国際取引仲介業務を担当。 2009年7月に外為どっとコム総合研究所の創業に参画、 2011年12月より現職。 FXの個人投資家へ向けた為替情報の配信を主業務とする傍ら、相場動向などについて、 Web・新聞・雑誌・テレビ等にコメントを発信。
Twitterアカウント:@KandaTakuya

<辻 秀雄>

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する