FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【松井証券株式会社】株式の「夜間取引」および「価格改善サービス」を開始


松井証券株式会社【関東財務局長(金商)第164号】はこれまで、国内株式市場の活性化には夜間取引が不可欠であるという認識の元に、東京証券取引所へ、何度も夜間取引市場開設の要望書を提出してきた。その必要性があったからである。しかし、個人投資家からの強い要望を受けて、SBIジャパンネクスト証券【関東財務局長(金商)第45号】が運営する私設取引システム「ジャパンネクストPTS(J-Market)」へ注文を取次ぎ、株式の夜間取引を開始することになった。国内株式の夜間取引ができる2番目のリテール証券会社となった。

さらに、松井証券が投資家に対して提供を予定しているものが、株式取引における「 価格改善サービス(ベストマッチ)」である。2018年5月頃にリリースヲ考えている。国内株式取引市場には、東証の立会取引以外にPTS(私設取引システム)や立会外取引(いわゆるダーク・プールを含む)がある。この2つの取引では、東証の立会市場よりも有利な価格で株式の取引ができるというメリットがあり、機関投資家が利用している。そこで、松井証券が提供しようと考えている「価格改善サービス」は、このメリットを個人投資家にも提供しようというものである。

松井証券が打ち出した、株式の夜間取引および価格改善サービスは、個人投資家のニーズに即し、投資成果の向上にもつながり、松井証券はこれらを顧客本位の業務運営に則った取組みだと考えている。

「価格改善サービス(ベストマッチ)」のイメージ図

<辻 秀雄>

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する