FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【マネックス証券株式会社】ザ・ファンド@マネックス「R&Iファンド大賞2018」最優秀ファンド賞を受賞


マネックス証券株式会社【関東財務局長(金商)第165号】は、格付投資情報センターが選定する「R&Iファンド大賞2018」で、マネックス・日本成長株ファンドが投資信託部門・NISA部門の2部門で、「最優秀ファンド賞」、投資信託10年部門において「優秀ファンド賞」を受賞した。

アセットマネジメントOneが運用するこのファンドは、 2000年に設定され、その後一貫してマネックス証券で販売・取扱いを継続してきた、初めてマネックスの名を冠した投資信託である。

アクティブファンドであったが、申込み手数料を段階的に無料化するなど18年間続いている。

マネックス証券は、 2017年6月22日に「お客様本位の業務運営に関する方針」を発表したが、「お客様の最善の利益の追求」等を目的としてずっと業務運営を行っている。資産形成の領域では、投資積立の申込手数料を全額キャッシュバックするプログラム「ゼロ投信つみたて」や、運用実績・低コストにこだわった商品を揃えた個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)を提供しており、今後もユーザーの資産形成に資する商品・サービスの提供に努めていくという。

ザ・ファンド@マネックスの概要

・ 名称:マネックス・日本成長株ファンド(愛称:ザ・ファンド@マネックス)
・ 運用会社:アセットマネジメントOne株式会社
・ ファンドの特長:
– 主として、日本株のなかから、「インターネット関連企業の株式」を中心に投資を行う。
– 「ファンドに組み入れるひとつひとつの銘柄の選択」を重視した運用。
– 純資産総額の30%の範囲内で外貨建資産への投資を行うことがある。
– 外貨建資産への投資については、機動的な為替ヘッジにより、為替変動リスクの低減に努める。

ファンドの基準価額と参考指数、純資産総額の推移(2000/7/25~2018/3/30)

(出所)2018年3月の月次レポートより引用、参考指数は東証株価指数(TOPIX)

<辻 秀雄>

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する