FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ Menu

【株式会社SBI証券】先物・オプション取引のAPI提供開始!


株式会社SBI証券【関東財務局長(金商)第44号】は、2018年5月5日(土)から、先物・オプション取引口座者を対象に、先物・オプション取引のAPIの提供を開始した。

SBI証券はこれまで、FinTechへの対応のため、既存の金融商品の枠にとらわれない、金融商品や金融サービスを提供してきた。たとえば、ロボアドバイザー「WealthNavi for SBI証券」や「THEO+(テオプラス) SBI証券」、「テーマキラー!」などの提供や、自動貯金サービス「finbee(フィンビー)」との連携などである。

今回、先物・オプション取引のAPIを提供することで、サードベンダーが開発したツールとSBI証券の取引環境と直接接続できるようになった。もちろん、セキュリティは万全である。

「システムトレード」や「素早い取引に重点を置いた取引機能」など、サードベンダー独自の技術やアイデアに基づくツールである。そのツールを利用することは、顧客のニーズに細部にわたって応えることができると、SBI証券は確信をしている。

サービス提供イメージ

<辻 秀雄>

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する