FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ Menu

【株式会社Finatext】新聞記事とSNSを分析した新たな投資情報サービスを提供


株式会社Finatextは、新聞記事と金融・投資に関するソーシャル・メディア(SNS)データ解析結果を活用した新たな投資情報サービス「Finatext News Watcher (フィナテキスト・ニュース・ウオッチャー)」を、2018年7月から開始する予定である。

「Finatext News Watcher」は、自然言語処理技術とビッグデータ解析のノウハウがあるFinatextと、日本経済新聞社で共同開発した、新しい投資機会を切り拓くための投資アイデアを提供する情報である。

サービスの概要

Company Graph Watcher(カンパニー・グラフ・ウオッチャー)

膨大な量の新聞記事のなかから企業に関する情報を収集し、企業と企業の関連性や企業と市場テーマ・トピックとの関係を抽出、解析する。その関連度を数値化して提供し、企業と企業の関連度や市場―テーマとの関連度や繋がりを「見える化」する。

Market Buzz Watcher(マーケット・バズ・ウオッチャー)

新聞記事と、SNSに登場する情報を収集、解析し、企業や市場テーマの話題度を数値化する。新聞報道、SNSそれぞれに頻出するキーワードと一緒に数値を利用し、イベントやテーマ等の新聞とSNSという異なるメディアの反応を「見える化」する。

金融市場では、ビッグデータ解析や機械学習技術、自然言語処理技術などの技術革新に基づく新たな運用手法や投資ツールの開発が進行中であり、その動きは活発化しそうだ。金融マーケットでのビックデータ解析を通じて、データを活用した新たな価値を創造するニーズが求められることはいつの時代にも変わらず、投資家の情報収集力や活用力のサポートを目指していくということだ。

<辻 秀雄>

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する