FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ Menu

【ブルームバーグ エル・ピー】専門家が最先端の金融と実践的分析ツールを解説


ブルームバーグ首都大学東京は、夏期講義期間(8~9月)に、ブルームバーグが全面的に支援する講座「ファイナンス特別講義(Bloombergを活用した定量分析)」を開設する予定だ。

最先端の金融実務とアカデミクスの融合を通じて、国際水準のカリキュラムを実現することになる。グローバルに活躍する即戦力人材の育成を実現するというもので、この講座は首都大学東京のファイナンスプログラム(Master of Finance)で、ファイナンスを専攻する大学院生を対象とする。

この講座では、金融業界の実務で必要不可欠なブルームバーグ端末を活用する。実際の端末を通じて活きた情報・データにアクセスし、債券、株式、クレジットデリバティブ、金利デリバティブ、ポートフォリオ、金利モデルなど、8つの分野で幅広い講義と実習を行う。

金融実務では、最適なデータへのアクセスと定量分析手法の選択が非常に重要となる。そのため、豊富なデータがあり、広範な分析ツールを備えたブルームバーグ端末が採用されているのだ。この講座では、ブルームバーグが派遣する端末専門家の指導によって、学生は端末を操作し、さまざまなテーマの演習を行い、データへのアクセス方法と定量分析手法の取り扱いに精通することを目指す。金融業界の日常業務に不可欠な実践的知識を身につけることができる。

この講座開設について、首都大学東京大学院経営学研究科長の田中敬一教授は、次のように述べている。
「金融業務はグローバル規模で常に進化しています。本講座は日本でトップレベルの公立大学として最高レベルの教育環境を提供する我々とブルームバーグによる世界基準の実践ツールの融合によるものです。第一線で活躍する受講生にとって、未来を切り開く貴重な機会となると信じています」

首都大学東京大学院のファイナンスプログラム(Master of Finance) は、東京都の成長戦略の一環として、グローバルで活躍する高度金融専門人材育成を目的に、2016年に開設した。首都大学東京では現在、12台のブルームバーグ端末が使われている。

東京大学や慶応義塾大学など国内では22の大学が、海外では米スタンフォード大学や中国清華大学など1000校以上の大学で、ブルームバーグ端末が使用されている。英紙Times Higher Education()が発表するグローバルトップ100校の約70%の大学で、ブルームバーグが導入されている(2018年4月現在)。

ブルームバーグ在日代表の石橋邦裕は、「ブルームバーグは長年の間、金融業界のスタンダードツールとして活用されています。我々が提供する機能は、ときには金融業界の未来を切り開き、そして業界とともに成長してきました。今回、弊社の専門家が本講座の提供において、全面的にサポートさせていただけることは大きな喜びであり、この機会に心から感謝いたします」と、語っている。

ブルームバーグは2017年にも、日本大学経済学部で寄付講座を実施したことがある。

講座の概要

・タイトル:「ファイナンス特別講義(Bloombergを活用した定量分析)」
・日程:2018年8月21日から9月30日の毎週月曜日と木曜日(計16コマ)
・場所:首都大学東京丸の内サテライトキャンパス
・対象と単位数: ファイナンスを専攻する大学院生 2単位
・講師:ブルームバーグで勤務する専門家と首都大学東京で金融を専門とする教授の皆様

講座スケジュール

<講座内容>
1.金利スワップ、 アセットスワップ、Zスプレッド、OAS
2.物価連動債とインフレスワップ
3.クレジットデリバティブ
4.オプションとインプライド・ボラティリティ
5.スワップション
6.金利モデル
7.株式ポートフォリオ
8.VIX、バリアンススワップ

<辻 秀雄>

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する