FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【日本ファイナンシャルアカデミー株式会社】小学生のための「お金の学校」特別授業を開催


日本ファイナンシャルアカデミーグループの一員である一般社団法人金融学習協会 は、子どもの金融リテラシーを親子で楽しく学ぶ「小学生のためのお金の学校・特別授業」を開催する。

この企画は、一般社団法人金融学習協会の設立10周年を記念して立案されたもので、独自に開発したお金のボードゲーム『ハピプロ』を使い、「買う」「売る」「募金する」などお金の役割を体験し、その後、貝殻からキャッシュレス決済までの「お金の形」の変遷の歴史を学び、お金と付き合うための大切なことが学べるようになっている。
日程:2018年7月23日(月)
時間:10時30分~12時30分(10時15分受付)
場所:ファイナンシャルアカデミー新宿本校
東京都新宿区西新宿1-14-11Daiwa西新宿ビル9階
対象:小学校1~6年生とその保護者
定員:28組56名(先着)
費用:1080円(おこづかいノート・募金費用込み)
申込み:電話(03-5909-7420)
公式サイトより

お金の3つの機能である 「交換」「価値の尺度」「保存」を体感しないでお金に触れる子どもたちが増えることが予想される現代、幼少期にお金の概念を理解するには、実感を伴ったお金のやり取りを繰り返し体験する ことが重要である。

そこで、一般社団法人金融学習教会では、独自に開発したお金のボードゲーム「ハピプロ」は、買い物ゲームのなかで店のオーナー役とお客役として「売る」「買う」を繰り返し体験し、「募金する」というお金の使い方も学ぶ。

日本銀行の統計では、2017年の日本の電子マネー決済金額は5兆1994億円である。しかし、グローバルでは、電子マネー決済が急速に普及しつつあるが、日本での伸び率は低いままである。こうした現金主義の裏側には、日本人の金融経済教育の欠如がある。

お金は、「信用」を軸として存在しているものだ。子どもたちには、お金の「信用」の重要性を理解しれもらい、電子化されたお金と賢く付き合う ことを伝える。

「実体験の中でお金を使う感覚を養う」「お金を正しく扱うことは信用を積み重ねることだと理解する」ことを大前提に、どのようなことを意識して、お金を使うよう指導すれば良いのか。その答えは 「自分にとって幸せなお金の使い方かどうか」「自分の持っているお金の範囲で計画的に使えているかどうか」のバランスが大事である。ゲームでは、お金とは別に、幸せポイント「ハピ」を集めることで、この感覚を養うようにする。

<辻 秀雄>

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する