FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

エムトレメルマガ登録 Menu

【FXStreet】EU圏のビジネス活動は5月以来最速ペース


欧州株

アジアのリスクオフ感情がEMU(EUの経済通貨同盟)に引き継がれるにつれて弱くなったが、株式は徐々に上昇し、強いEMUと購買担当者景況指数(PMI)を背景に、プラスの領域に入った。その後、トランプのツイートにより、リスク感情は再び悪化した。

欧州中央銀行(ECB)の債券購入プログラムの緩和が始まるとの見通しを示す調査

ユーロ圏のビジネスは、5月以降最も強力なペースに達し、物価上昇圧力となった。 PMI指数は8月の55.7ポイントから9月には56.7ポイントに上昇し、6年間で最も高い伸びを示した。

マリオ・ドラギ

若年労働者の失業率が高いほど社会への負担が大きいと指摘し、ユーロ圏各国政府に対し、労働市場を改革し、若者のための見通しを改善するよう述べた。マリオ・ドラギは政策重視の問題については言及しなかった。

サンフランシスコ連邦準備制度理事会(FRB)ウィリアムズ氏

米国金利は依然として低く、12月には別の金利上昇が見込まれ、今後数年で徐々に上昇すると予想している。 しかし、全ては経済がどのように進むかにかかっている。金利の自然率について多くの研究を行ったウィリアムズ氏は、2.5%が長期的または中立的な新基準であると述べた。

ロンドンでUberのライセンスが取り消し

アプリを使用している350万人の人々と40,000人のドライバーに影響を与えるという、驚きの決定である。ウーバーが訴えた後、もしその決定が下されれば、同社のグローバルビジネスに大きな影響を与える。 ロンドンは、Uberが最も確立された市場のひとつである。

欧州中央銀行のコンスタンシオ副会長

最近の調査に基づいて、「最近のユーロ価格上昇は、過去の平均値が示唆しているものよりも、インフレに与える影響が限定的であるかもしれない」と述べた。

出典:FXStreet

<辻 秀雄>

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する