FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【FXStreet】今週は、中央銀行に集中したニュースが見込まれる


マーケットの行方 – Danske Bank A/S

・重要なデータの発表と11月のFOMC(連邦公開市場委員会)の会合が今週予定されている。この会合では、多くのニュースを得ることは期待されていない。
・PCE(個人消費支出)のインフレは緩和されると予想されるが、10月の労働市場レポートは、9月のハリケーンが原因となり強いことが予想される。
・私たちはイングランド銀行が政策金利を25ベーシス・ポイント上昇させ、0.50%とすることを期待する。
・第3四半期のユーロ圏GDP暫定値は、第2四半期に比べ、若干伸びは低いものの、回復が続くと見込まれている。
・ユーロ圏の消費者物価指数は、主にエネルギー価格の影響により、10月に前年比1.4%(9月は前年比1.5%)に下がり、コアインフレ率は変わらないはずである。
・我々は、日本銀行がかなり緩やかな金融政策を維持することを期待している。
・ノルウェーの住宅価格は注目を集める可能性が高い。私たちは最近のノルウェーの住宅価格下落の傾向は終わりに近づくとは考えていない。

グローバルマクロ経済とマーケット

・中央銀行は、欧州中央銀行がハト的な状況にある現在、政策の正常化に対する積極的な立場を強く求めている;スカンディナビア中央銀行は静観している。
・コモディティー価格は上昇傾向にあるが、政策立案者は異例な政策からの「出口」に向かう前に、停滞する労働市場に目を向ける必要がある。(出典:FXStreet

エムトレの視点

ユーロ圏においてECBは慎重姿勢を取っているものの、回復を見せており中期的には強気傾向にあるとみている。日本銀行は本日10月31日8対1で緩和政策を維持することを発表した。

<元彌>

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する