FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【FXStreet】アメリカの順調な製造業とグローバルレビュー Wells Fargo Research Team


米国レビュー:米国の製造業は世界の成長と共に強化

・将来の事業投資の好ましい指標である、航空機を除く非防衛資本財受注は、9月に1.3%増となり、3ヶ月連続の上昇となった。
・新築住宅販売は、9月は18.9%増の667,000件で、2007年10月以来最高水準に達した。
・実質GDPは、第三四半期に予想の2.6%上昇を上回る年率 3.0%となった。 第3四半期のデータにハリケーン関連の影響の可能性を考慮すると、その数字は外れ値が比較的ないように見える。

グローバルレビュー:ゆっくりと政策への適応が少なくなる

・欧州中央銀行(ECB)は強い成長モメンタムのため、QEプログラムを縮小することを決定した。しかし、良質のインフレの意味するものは、多少の利上げであっても程度進んでいることを意味する。
・期待を上回るイギリスの第3四半期のGDPのデータは、イングランド銀行の金利引き上げが、金融政策委員会(Monetary Policy Commitee)の会合で決まる可能性が高いことを意味する。
・カナダ銀行は先週は保留されたものの緩やかなペースで、さらなる引き締めを継続した。その引き締めは今後の四半期も続くであろう。(出典:FXStreet

エムトレの視点

米国、欧州、英国、カナダを始め世界経済は順調に推移しており、各国中央銀行は緩和から引き締めへ動いている。日本は予定インフレ率に近づくまで緩和策を引き締めると考えづらいが、各国の動向によりインフレ上昇が高まる可能性もある。

<元彌>

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する