FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【株式会社FXプライムbyGMO】矢野経済研究所が実施した「主要FX会社の約定率・スリッページ発生率調査」で唯一「約定率100%、スリッページなし」の会社


株式会社FXプライムbyGMO【関東財務局長(金商)第259号】が、2017年7月に株式会社矢野経済研究所が実施した「主要FX会社の約定率・スリッページ発生率調査」で、調査対象FX会社6社中、唯一「約定率100%、スリッページなし(=完全約定)」という結果をはじきだした。

FXプライムbyGMOは、「お客さまの意図するレートで取引できる」こと、お客さまが「思い通りに取引できる」ことが、収益拡大の必須条件であると考え、取引環境の整備に取組んできた。過去に実施した取引環境に関するアンケートやインタビューでは、「プライムで取引する理由は“約定力”」「“約定スピード”とレートが“すべらない”ことがプライムの魅力」という声があがっており、取引システムの約定能力について高い評価を得ている。

この調査は、相場が膠着状態の時期・時間帯に行われたことから、調査対象FX会社6社すべてに約定拒否がなかった一方、スリッページに関しては、FXプライムbyGMOを除く他の5社で発生した。

会社名 発注数(回) 約定数(回) スリッページ発生数(回) 拒否発生数(回) スリッページ発生率 約定率 すべらない約定率
FXプライムbyGMO 200 200 0 0 0.0% 100.0% 100.0%
A社 200 200 6 0 3.0% 100.0% 97.0%
B社 200 200 17 0 8.5% 100.0% 91.5%
C社 200 200 30 0 15.0% 100.0% 85.0%
D社 200 200 28 0 14.0% 100.0% 86.0%
E社 200 200 120 0 60.0% 100.0% 40.0%

・約定率…お客様の注文が約定する確率です。約定拒否(注文が約定しない)があった場合、約定率は100%未満となります。
・スリッページ…注文レートと実際に約定したレートとの差です。
・完全約定…約定率100%、スリッページ発生率0%のことを言います。

約定率・スリッページ発生率調査概要

(1)調査の目的

・主要FX会社における、FXサービスの約定率及びスリッページ発生率等の調査

(2)調査日程

・2017年7月25日(火)~7月26日(水) の2日間

(3)調査時間

・日本時間の20時~21時の1時間程度

(4)調査対象通貨ペア

・米ドル/円

(5)調査対象

・矢野経済研究所「2016年版 FX(外国為替証拠金取引)市場の動向と展望」より、2015年度(2015年4月~2016年3月)の有力企業のうち任意に抽出した6社を選定。グループ会社を除く(FXプライムbyGMOは『選べる外貨』を対象)。

(6)調査の方法

・成行注文で、買(新規)⇒売(決済)を繰り返す
・1日50売買の100約定×2日=200約定
・発注単位は1万通貨単位
・調査においては、スリッページ許容設定のある会社は、「1pip」に設定
・各社の取引ツールはリッチクライアント版とする。但しブラウザ版の取引ツールしかない場合は、ブラウザ版で取引を行う。

<辻 秀雄>

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する