FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【株式会社FXプライムbyGMO】2018年1月20日より、「メキシコペソ/円と「ポーランドズロチ/円」追加


株式会社FXプライムbyGMO【関東財務局長(金商)第259号】は、外国為替保証金取引(FX)『選べる外貨』において、2018年1月20日(予定)より、「メキシコペソ/円(MXN/JPY)」と「ポーランドズロチ/円(PLN/JPY)」の2通貨ペアを追加することとを発表した。これによって、株式会社FXプライムbyGMOの取扱い通貨ペア数は20通貨ペアとなる。

今もっとも勢いのある高金利通貨とえいば、誰もが認めるのがメキシコペソ。メキシコペソの政策金利は2015年12月に利上げを開始後、2017年6月には7.00%まで上昇した。高金利として知られる南アフリカランドを完全に上回っている。さらに、2016昨年9月から2017年3月までは、金融政策決定会合5会合連続で利上げを決定。現在の金利水準は、高金利通貨の代表格であるトルコリラに迫っている。

メキシコペソは利上げが続く可能性も?

トランプ米大統領就任後、米保護主義の高まり、NAFTAの見直しなどメキシコ経済にやや向かい風も吹いているが、主要な輸出品の一つである原油の価格下落が一段落したことや、トランプリスクの後退などから、メキシコペソは2017年にはいって、対ドル、対円で上昇基調となっている。

ペソ安に対しては、中央銀行が機動的に利上げで対応する姿勢を見せていること、インフレ率が中央銀行の目標の3%±1%を大きく上回る6%台半ばで推移していることから、今後も利上げが期待できることなど、メキシコペソは価格、スワップともに魅力のある通貨と言える。

取扱い通貨ペア数

米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円、カナダドル/円、スイスフラン/円、シンガポールドル/円、香港ドル/円、南アフリカランド/円、トルコリラ/円、メキシコペソ/円、ポーランドズロチ/円、ユーロ/米ドル、ポンド/米ドル、豪ドル/米ドル、ユーロ/ポンド、NZドル/ドル、ユーロ/豪ドル、ポンド/豪ドル

<辻 秀雄>

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する