FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【アヴァトレード・ジャパン株式会社】アヴァトレード・ジャパンはどう出る?CFD取引商品に、仮想通貨のイーサリアムとダッシュ、リップルを追加


最近の大規模な暗号通貨の動きを、オンライン取引業界が放っておくはずはない。為替やCFD取引サービスを提供している国際的なブローカーであるAvaTrade(以下、アヴァトレード)は2017年5月18日、成長著しい3つの代替硬貨であるイーサリアム、ダッシュ、そしてリップルのXRPを取扱い商品に追加すると発表した。

これらの特定のブロックチェーン代用硬貨を選択したことは何も驚くべきことではない。

多くの利益をもたらしたに違いないほど、2017年に信じられないほどの運用利益を生み出したし、投資家からこれらの代用硬貨を取り扱って欲しいという強い要求を考えれば、当然のことである。リップルのXRPは現在、4月上旬の15億ドルから、135億ドルの時価総額を有している。 イーサリアムとダッシュは、以前の仮想通貨の価格暴騰ですでに価格が跳ね上がっていた。

アヴァトレードの最高経営責任者であるデア・ファーガソン氏は、次のように述べている。「最近の政治的で財務的な出来事が取引の世界を変えてしまった。私たちがゲームのトップに常に立っているために一生懸命努力しているし、いつも業界を牽引する立場にいる。われわれは素晴らしい金融商品の選択肢のなかに、これらのエキサイティングな仮想通貨を導入した初めての業者であることを誇りに思う」

アイルランドに本拠を置くアヴァトレードは、2006年に設立され、250以上の金融商品、複数の取引プラットフォーム、モバイルアプリを提供している。EU、日本、オーストラリア、南アフリカ、英領バージン諸島で規制認可されている。 アヴァトレードは、世界中のトレーダーが使っているMetaTrader 4(MT4)と独自のプラットフォームの両方で、2013年に初めてBitcoin CFD取引を導入した。

今年、仮想通貨のエコシステムは熱狂的なものになる。今年は、世界中で取引されている700以上のブロックチェーン資産の大部分が著しく増加している。合計すると、市場全体を集結した価値は現在、630億ドルとなっている。それをリードするのはまだビットコインで、価格は1840ドル以上、時価総額は300億ドルである。(出典:financemagnates

アヴァトレード・ジャパン株式会社はどうするのか?

上記ニュースを受け、エムトレではアヴァトレード・ジャパン株式会社【関東財務局長(金商)第1662号】に電話取材を試みた。担当者によると、お客様からの要望も多く、取扱いたいとの気持ちはあるが、法令上の問題もあり検討中とのこと。同社が取扱いを開始した場合、日本の投資家にも浸透している取引プラットフォームMT4を用いてFX取引と同感覚で仮想通貨取引が可能とのことだから、是非期待したい。

同社と同じ第一種金融商品取引業者であるトレイダーズ証券株式会社では、同グループ子会社にみんなのビットコイン株式会社を、GMOクリック証券株式会社では同グループでGMO-Z.comコイン株式会社を設立し、仮想通貨の店頭証拠金取引の提供を行っている。現時点では第一金融商品取引業者では、仮想通貨の店頭証拠金取引業(仮想通貨交換業等も含む)を扱いにくいという状況から上記のように別会社を設立してサービスを開始するといった状態となっている。

仮想通貨の店頭証拠金取引において明確なレバレッジ規制がないことから、現行各社FXのそれと同等のレバレッジ提供を行っているが、ここまでボラティリティが高くなってくると、FXの法人口座に適用したときの様にハイレバレッジを提供して射幸心をあおる業者も出てくるのではないかと思われる。

いづれにしても、参入障壁は高くなるものの、仮想通貨を用いた先物取引、同信用取引等に関しては第一種商品取引業者等に兼業をスムースに認め取扱いをさせた方が良いのではと考える。

アヴァトレード・ジャパン株式会社を知らないお客様

”取材を通して顔の見える会社情報をすべての投資家に”のエムトレ人気企画FX会社凸撃取材記事「【アヴァトレード・ジャパン株式会社】自動売買・システムトレードが特長!他社とは一線を画すユニークな経営方針!」をご覧ください。

<ルパン>

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する