FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【店頭FX月次速報】2017年4月の店頭FX月間顧客利益-1.57%。預り証拠金残高は85億円増加の1兆1039億円


2017年5月17日に一般社団法人金融先物取引業協会(以下、金先協会)が「店頭FX月次速報」を公表した。

店頭外国為替証拠金取引取扱会員数は54社(2017年4月30日現在)。

2017年4月度の店頭FX取引高1位は「USD/JPY」

2017年4月度の通貨別取引高は、「USD/JPY(米ドル/円)」が1位。2位は「GBP/JPY(英ポンド/円)」、3位は「EUR/JPY(ユーロ/円」となった。TOP3通貨ペアで全体の90.17%を占めた。

一般社団法人金融先物取引業協会 統計資料より作成

一般社団法人金融先物取引業協会 統計資料より作成

2017年4月度の店頭FX月間顧客利益は-1.57%

金先協会が公表した預託額情報をもとに算出した2017年4月度の顧客利益は-1.57%となった。先月の-2.25%からは回復したものの、単月では顧客損失が生じている状態となっている。
なお、顧客利益は(「当月顧客区分管理必要額正味増減額」÷「前月末顧客区分管理必要額」)にて算出。

一般社団法人金融先物取引業協会 統計資料より作成

2017年4月末の店頭FX預り証拠金残高は前月比85億円増加の1兆1039億円

2017年4月末の預り証拠金残高は前月比85億円増加の1兆1039億円となった。直近2016年6月から徐々に預り証拠金は回復。月間利益がマイナスの中で預り証拠金が増えていることから、依然としてFXへの資金流入が続いていることがわかる。

預り証拠金残高は当月末顧客区分管理必要額を代用

一般社団法人金融先物取引業協会 統計資料より作成

同統計情報は、金先協会より毎月15日前後に前月末時点の数値が公表されている。

 

<ルパン>