FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【松井証券株式会社】新たなディーリング業務立ち上げにともない「SimplexFX」を導入


パートナーシップイメージ

松井証券株式会社【関東財務局長(金商)第164号】は、FX(外国為替証拠金取引)サービスにおけるディーリング・システムとして、シンプレクス株式会社が提供する、「SimplexFX(シンプレクス・エフエックス)」を採用し、2017年5月より稼働を開始した。

「SimplexFX」導入背景

松井証券は、個人投資家の利益に資するイノベーティブなサービスの提供を通して、日本のオンライン証券ビジネスを牽引してきたインターネット専業の証券会社。 FXビジネスにおける収益力向上を目指す松井証券では、新たにディーリング業務を立ち上げるとともに、業務の中核を担うディーリングシステムの導入を決定した。

具体的には、アルゴリズム・エンジンを駆使したトレーディング/プライシング機能に加え、ディーリング業務の立ち上げから、導入後の収益分析・機能拡張までを広範にサポートするディーリングコンサルティングが評価された。

加えて、松井証券が提供する高機能株式トレーディングツール『ネットストック・ハイスピード』での10年以上にわたるシステム開発・運用実績もポイントとなり、シンプレクスが事業パートナーとして選定された。

FXディーリングシステムの特長

①アルゴリズムエンジンにより、ディーリング業務の負担極小化と収益最大化を両立。
トレーディング/プライシング両面において、シンプレクスが開発したアルゴリズム・エンジンを採用することで、ディーリング業務の負担極小化と収益最大化の両立を支援する。併せてスマート・オーダー・ルーティング(SOR)を実装することで、ディーリング収益向上の鍵を握るカバー注文の最良執行も支援する。今後は、国内20社以上の運用案件を通してシンプレクスが培ってきたノウハウを活かし、機械学習やAI技術を応用した先進のアルゴリズム・エンジンの提供にも取り組んでいく予定である。

②ディーリング業務の立ち上げから、導入後の収益分析・機能拡張までを広範にサポート。
導入支援では、「SimplexFX」を活用した場合の収益シミュレーションを行い、プライシングやカバー取引に係る各種アルゴリズム・モデルなど、具体的なディーリング戦略の構築をサポートした。システム導入後も、収益分析・機能拡張までを広範に支援し、FXビジネスにおける収益力向上を持続的にサポーする。

<辻 秀雄>

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する