FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【セントラル短資FX株式会社】新興国3通貨ペア「トルコリラ/円(TRY/JPY)」、「南アフリカランド/円(ZAR/JPY)」、「オフショア中国人民元/円(CNH/JPY)」のスプレッド、および証拠金率変更


新興国3通貨ペアのスプレッド、および証拠金率変更

セントラル短資FX株式会社【関東財務局長 (金商) 第278号】は、2017年6月26日(月)より、「FXダイレクトプラス」において、新興国3通貨ペア「トルコリラ/円(TRY/JPY)」、「南アフリカランド/円(ZAR/JPY)」、「オフショア中国人民元/円(CNH/JPY)」のサービスを、今まで以上に取引しやすい環境で提供する。

FXダイレクトプラス

取引通貨ペア 通常スプレッド 必要証拠金率
トルコリラ/円

(TRY/JPY)

8.0~18.0銭

2.5~6.0銭

10%

4%

南アフリカランド/円

(ZAR/JPY)

1.9銭

1.2~2.6銭

 4%(変更なし)
オフショア中国人民元/円

(CNH/JPY)

 1.9銭(変更なし)  10%

4%

※上記のスプレッドは、経済指標発表時の相場急変時や早朝などの市場流動性の低下時などに拡大する場合がある。あらかじめ了承を。

実施日

2017年6月26日(月)午前7時より

エムトレが聞く

今回の件についてセントラル短資FX会社に聞いたところ「今回のスプレッド縮小は、トルコリラなどの新興国通貨へのお客さまの投資意欲が高まり、またお客さまの投資パターンも多様になっている状況に積極的に対応していくことが狙いです。当社が2013年11月にトルコリラ/円の取り扱いを始めたころは、まだ取り扱う業者も限られていましたが、その後3年半が過ぎて、業者の増加とともに、カバー先金融機関でもトルコリラを提供する先が増えたことで市場の厚みが増しました。この結果、お客さまの投資パターンも、当初はスワップポイントの獲得を狙って長期保有されるお客さまが多かったのが、最近では、トルコリラ建て債などのヘッジや、キャピタルゲイン狙いでの短期取引も増えています。こうした流れのなかで、当社もお客さまにより取引し易い条件をご提供できる環境が整ったということです」とのこと

<辻 秀雄>