エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【Finextra】オーストラリア準備銀行総裁が「現金は特定分野の決済手段になる」と発言

オーストラリア準備銀行の総裁であるPhilip Lowe氏は、現金は緊急時のみのために保存され、特定な分野の支払い手段になると、近い将来の社会絵図を描いてみせた。
Philip Lowe氏

Philip Lowe氏は、2018年の「オーストラリア・ペイメント・サミット」での発言のなかで、デジタル決済への急速な移行と、国の新しい支払いプラットフォームの到来によって、転換時期が近づいてきた、指摘した。「紙幣が比較的少額の支払いで使われる世界を想像するよりもたやすいことである」

しかし、これが起きるためには、電子決済の信頼性にますます重点を置く必要があるとPhilip Lowe氏は、安定性を確立するためには、規制当局の介入が必要かもしれないと警告しながら、語った。

Philip Lowe氏は、「取引などで現金の利用が減少していることをもっともよく表しているのは、現金自動預払機を通しての現金引き出しの数やその価値の急激な低下である」と語った。
「ここ10年、オーストラリア人は平均すると1年に約40回ATMを利用していたが、今日では、1年の利用回数が25回に減少し、その減少傾向は続いている」

現金の減少と並んで、紙ベースの小切手の使用が著しく減少している。これは現在、1人当たり年間3回の支払いに過ぎない。
「この傾向が続くことを考えれば、システムの運用に伴う高い固定費を考慮すると、ある時点では小切手の支払いを終了することが適切だろう」とPhilip Lowe氏は指摘する。
「これまでのところまだそこまではいっていないが、そうなるのもそれほど時間がかからない可能性がある」と述べた。しかし、これに先立っては、代替支払い方法が確立され、利用可能であることが重要だ。

Philip Lowe氏は、従来の決済手段を使用して、オーストラリア準備銀行が豪ドルの電子通貨「eAUD」を発行する可能性について話し合った。
「2017年のこの会議でもこの問題について話したが、当時は、こうした方向への動きに対する、公的な政策などは見ることがなかった」と、Philip Lowe氏は会議で語った。

「オーストラリア準備銀行が発行する電子通貨は、特にNPPの出現に伴い、銀行システムを通じた口座間の振り替えをしないものを提供するかどうか明らかではない。もう一つの考慮すべき重要な点は、財務の安定性への結果がどうなるかということであった。一年経った今も、われわれの見解は変わっていない」

出典「RBA chief says cash is becoming a ‘niche payment instrument’」

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ