エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【ブルームバーグ エル・ピー】ブルームバーグと中国外国為替取引システムが中国債券市場の発展で連携

ブルームバーグは、ブルームバーグとブルームバーグ傘下の関連会社が、世界全体で32万5000人以上が契約するブルームバーグ端末を通じて、適格投資家に中国銀行間債券市場(CIBM)へのアクセスを提供する計画を、数週間以内に最終化する発表した。
ブルームバーグタワー

これは、中国外国為替取引システム(CFETS)との広範にわたる連携の一環で、市場規模が12兆ドルに上る中国債券市場をめぐり、中国が進めている、中国市場への海外資金の流入を促すための改革策に沿ったものである。

CFETSの代表取締役であるZhang Yi氏は、次のように述べている。
「海外投資家の間で中国債券市場に対する関心が高まっており、 CIBM DirectやBond Connectを通じて取引に参加する投資家が増加している。ブルームバーグ端末は世界の主要債券市場の参加者をつなぐ強力なネットワークを有しており、ブルームバーグは世界の債券市場の開発において豊富な経験を持ちます。ブルームバーグとの連携により中国債券市場の国際化を進め、海外投資の促進に貢献することを楽しみにしております」

2010年以降、世界の投資家は、CIBM Directを通じて中国銀行間債券市場に参加できるが、海外適格投資家は取引と決済を国内の代理銀行に委託しなければならない。2017年にはBond Connectが提供され、海外投資家は国際的な電子取引プラットフォームからCFETSへリクエスト・フォー・クォート(RFQ)を出すことができるようになった。ブルームバーグとCFETSは今後、投資家のCIBM DirectとBond Connectへのアクセス支援で協力・連携をはかっていく。

ブルームバーグは、CFETSと連携し、CIBM Directスキームのもと、中国の債券市場に参加する投資家へ新たな取引のためのコネクティビティーサービスを提供していく。この新たな取引チケットのコミュニケーションサービスで、海外の適格投資家と関連する国内の代理銀行は、ブルームバーグのヴォイス・コンファメーション機能(VCON)を通じて、CFETSの取引システムとの取引内容の確認や連絡を効率的にできるようになる。

この連携によって、ブルームバーグを通じたBond Connectへアクセスできりようになる。 Bond Connectは、各規制当局の事前承認を前提に、香港やシンガポール、米国など、世界各国の市場に参加する投資家に同サービスへのアクセスを提供することを目的としている。ブルームバーグの債券取引執行管理システム(TSOX)とCFETSを接続すれば、海外投資家にBond Connectへの新たなアクセスルートを提供することになる。

ブルームバーグ会長のピーター・グラウアー氏は、次のように語っている。
「われわれは今回の中国人民銀行による発表を歓迎し、投資家の中国債券市場へのアクセスを拡大する機会に貢献できることを大変うれしく思います。これは、中国の金融市場の開放に向け、更なる前進を意味するマイルストーンです。今回のアクセス拡大と取引効率の向上は、世界中の投資家の中国債券市場での取引を促し、海外からの参加者増加に繋がるでしょう。中国における改革の加速と債券市場の発展を実現させるため、 CFETSをはじめ関係機関と協力することを楽しみにしています」

ブルームバーグは2017年、中国債券市場に関する高度な債券分析ツールである「Bloomberg’s RMB Bond Suite」を立ち上げた。今回の発表で、データへのアクセス、投資機会の分析、取引の執行といった、海外の債券投資家が必要なワークフローがすべて網羅されることになった。

中国人民銀行のデータからは、海外投資家による中国国内の債券保有額は、過去12カ月(2018年9月末時点)で58%増加し、1兆7500億元(2510億ドル)になっている。

 

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ