エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【インヴァスト証券株式会社】社会貢献ポイントプログラムの寄付金額の2018年の総額499万1184円

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

インヴァスト証券【関東財務局長(金商)第26号】では、インヴァスト証券独自の「社会貢献ポイントプログラム」によって、2018年の寄付金を認定NPO法人へ寄付した。

※1.:寄付金総額・人数には社会貢献グッズの金額・人数は含まない。ユーザーは、取引で得た社会貢献ポイントの利用先を一人につき1つ選択(2000ポイント以上の方が対象)。※2.:社会貢献グッズは、 JAMMINが提供のチャリティ商品を提供。

2018年の寄付先の団体について
このポイントプログラムの寄付先は、深刻化する社会問題、とりわけ子どもやシングルマザー、貧困、教育問題の解決に取り組んでいる認定NPO法人である。2018年は、2017年から参加している5団体に加え、団体の募集から選出した「認定NPO法人3Keys」を加えた6団体となった。社会貢献グッズの提供元は、ファッションを通じたチャリティ活動を行っているJAMMIN を選定した。

2018年のインヴァスト証券からの寄付金の使途に関して、各団体から報告があった。
・認定NPO法人カタリバ  <被災地(福島)の放課後学校運営費に利用>
・認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやい<ネットカフェ難民の方を支援するための諸費用>
・認定NPO法人3keys(スリーキーズ) <「Mex(ミークス)」運営のための諸費用に利用>
・認定NPO法人 Teach for Japan <課題ある地域の公立学校へ派遣する教師の採用に関わる費用>
・認定NPO法人 フローレンス  <予期せぬ妊娠の相談と赤ちゃん縁組の支援活動に利用>
・認定NPO法人 Living in Peace  <児童養護施設の建て替え支援費用に利用>

「社会貢献ポイントプログラム」とは?
2016年に始まった、インヴァスト証券の「社会貢献ポイントプログラム」は、インヴァスト証券のミッションである「世界をもっと良い場所にする」を体現する最初の活動である。

インヴァスト証券のユーザーは、FXサービスを利用するときに付与されたポイントを1ポイント1円として、認定NPO法人への寄付や社会貢献グッズと交換ができる。ポイントを寄付に利用したユーザーは、自己負担は何もなく、寄付金控除(所得控除 または税額控除)の対象として税制優遇を受けることができる。

認定NPO法人は寄付を募り、活動を広めることができ、インヴァスト証券は、ユーザーにメリットを感じてにらいながら、社会貢献活動を実施するのが、インヴァスト証券独自のポイントプログラムである。

2019年の取り組みについて
インヴァスト証券では、 2019年も1月から11月末まで、「社会貢献ポイントプログラム」を実施する。インヴァスト証券のFXサービスを利用することで、2019年1月から新たに社会貢献ポイントが貯まり、貯まったポイントを寄付したり、社会貢献グッズと交換できたりする。

2019年の寄付先は、「社会貢献ポイント」の利用申込開始時期(未定)に合わせ、「社会貢献ポイントプログラム」Webサイトやホームページなどで、知らせることになっている。

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する